11月 | 2018 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ 2018年11月の記事一覧

2018年 11月 30日 これでもう緊張しない!

 

こんにちは!

一昨日ベストアーティストの観覧に行ってきて

(当たったの!すごくない!?!?)

未だ余韻から抜けきれない鈴木です!

やばいですよもう

昭仁くん(ポルノのボーカルね)声量すごすぎほんとに歌上手い!!!

彼が歌ってると私ほんとになんか元気になれるんですよね、頑張ろうって思えるっていうか

一昨日も昭仁くんが歌ってるところを見ながら

何度彼らの歌に助けられただろうと思い返していました

受験期とか特にポルノの音楽に力をもらってました

歌の力、音楽の力ってすごいですよね

みんなも勉強に疲れた時とか、一旦嫌なこと全て忘れて好きな曲をじっくり聞いてみてはどうでしょうか

めちゃくちゃリフレッシュになりますよ!

それそろ本題に入ろうと思うのですが

その前に

ブログ総選挙!!!

投票是非お願いします!

今日は緊張しない方法について話したいなと思います!

というのも最近

模試になると緊張して点数が取れない

という声をよく聞いたからです

私の話をすると

正直

緊張しないタイプでした

むしろ

模試で最大の力が発揮出来るタイプでした

だから、模試で緊張するとか最初聴いた時は正直ちょっとびっくりしました

そこで自分はなんで緊張しなかったのか考えてみました

そしたら主に以下の3つのことをやっていた気がします

1.自分の今までの勉強の成果を信じる

緊張っていろんな原因があると思うんですけど、

それって多分ほとんどが不安や恐れだと思います

点数が取れないかもしれないという不安

周りの人に比べたら自分は劣っているんじゃないかという恐怖感

とかですかね

まあ気持ちはわかります

でもそんな不安や恐れなんて正直くだらないと思います

だって

別に恐れたところで自分の脳みその中身は変わらないじゃないですか!

もうすぎてしまった時間は取り戻せないじゃないですか!

模試の時、もしくは本番の時を想像してください

もうあなたに残されてる選択肢は

目の前の問題に真剣に向き合うことだけじゃないですか!

だったらもうそこまで来たら不安や恐れなんてその辺に捨てて、

出来なかったことは仕方ないと諦めて、

出来た分の勉強を信じて、

精一杯問題にぶつかればいいと思います!

私はいつも当たって砕けろ精神でやってました!

2.時間配分、流れを頭の中でシュミレートする

問題が配られてから試験が始まるまで

何分かありますよね

その時間、意外とぼーっとすごしてたりしませんか??

そこでぼーっとしてると

いざ試験問題をめくってみて、焦るなんてことになりかねません  

どんな順番で解くのか、何分で解くのか、もしわからない問題があったらどうするのか

きちんとシュミレートしてから試験に臨む習慣を付けましょう!

3.背筋を伸ばして深呼吸

これが正直1番落ち着くし、集中力も上がると思います

試験中とかつい躍起になってると机にかじりついて猫背になりがちです

だから試験が始まる前くらいは背筋をのばして、しっかり深呼吸して、脳みそにたくさん酸素を送ってあげましょう

私は試験前はいつも手を背中で組んでそのまま下に伸ばすストレッチをしてました

肩甲骨がぐっとよってめちゃくちゃ気持ちいいし、背筋もピンとします

その後深呼吸して2で言ったシュミレートをしてました

あ、あとオススメしたいのは

数息観(すそくかん)

と言われる禅の導入編みたいなやつです

やり方は至って簡単

まずいすに姿勢を正して座ります

そして親指以外の手の指を平行に重ね、上で親指同士を合わせて楕円を作ります

まあよくお坊さんがやってる手の形です

そしたら1.5m先の床を見ます(半目になるはず)

その状態で自分の呼吸の数を数える

これだけです

呼吸の数は一定時間内で少なければ少ないほどいいそうです!

さらにこのとき、吐く息は吸う息の1.5倍の長さになるのが理想らしいです

この数息観、心の散乱を停止する効果があると言われています。

実際やってみると、1分でも結構効果ありますよ

緊張してる時や集中できない時にぜひ取り入れてみてください!

明日は安西担任助手です!

 

 

 

 




2018年 11月 29日 最後の模試の前に知っておくべきこと


 こんにちは!

1年担任助手の五十嵐です!

 

冬が近づき、最近ほんとに寒いですね~。

朝は特に冷え込んで布団から出るのもいやになっちゃいます。

お茶ネコ(お茶大に住んでるネコ)も丸く縮まってこんな顔になっちゃいます。

 

 

さて、センター試験まであと50日です。

残る東進のセンター模試もあとひとつ。12月16日にあります。

 

受験生の皆さん

最後のセンター試験を受ける前に

私から特に伝えておきたいことがつあります!!

 

1つ目

 

各科目の問題を解き終わった後、

マークの見直しする時間

を必ず作ってください!

見直ししないまま答案を出すのは危険です。

 

センター試験本番の自己採点をするとき、

マークミスしたかも、、、

自分の点数が正確にわからない、、、

なんてことになったら大変です。

解けきれていない何問かに時間をかけるより、

確実に合っている何十問の方が大事です!!

 

驚くことに

自己採点と実際の得点が一致しているのは5人に1人くらいだそうです。

ちなみに私はセンター本番の自己採点、身に覚えのないマークミスで総合得点を2点分多く見てました、、、。

何度も見直ししたのにミスしてたんで、

みなさんも本当に気をつけてください!!

 

おすすめの見直し方は、

・マークするたびに問題の番号とあっているか確認

・大問単位でその都度マークが一致しているか確認

・全て解き終わってから確認

です!

 

今回の模試で受けた直後に自己採点した点数と、

返却された帳票の点数が、

どれだけ合っているか比べてみるといいと思います。

試験時間の残り1分でも見直しする時間は必ず作ってください。

 

 

 

2つ目

 

これは全ての模試について言えることですが、

模試の結果で一喜一憂しないで下さい!

 

返ってきた点数を見て、

この点数なら余裕じゃん!とか

あんなに頑張ったのに前回と成績変わらない、、、とか

いろいろ思う事はあると思います。

 

しかし

あくまで目標第一志望合格であり、

模試は通過点に過ぎません。

今までA判定ばかり取ってきた人だって、現状に満足してしまえば、

その人の成長はそこで止まります。

受験に絶対はありません。常に上を目指してほしいです。

逆に、成績が伸びず、ひどい点数を取ったときは、

落ち込みすぎるのは良くないです。

入試本番までに合格最低点が取れればいいんです。

 

私が小学校6年生のときの先生が常日頃言っていた、今でも忘れられない言葉があります。

間違いは財産だ

という言葉です。

 

たくさん間違えた問題があったとしても、

こんなに理解してなかったんだ、

自分の弱点わかってラッキーとポジティブに思いましょう。

間違えた問題一つ一つが合格につながる自分にとっての財産なんです。

復習して弱点を補強すれば、

今間違えた問題も

本番では絶対に正解できます!!

 

他人の言葉や模試の結果に惑わされずに、自分の意思をしっかりと持って

目標に向かって最後までやり遂げてください!!

 

 

以上、五十嵐からでした!

 

明日は鈴木担任助手です!

お楽しみに!

 






2018年 11月 27日 レッツ!アウトプット!

こんにちは!!

もうすぐ12月!!

イルミネーションがきれいな季節になりましたね

(下の写真は横浜のイルミネーションです)

受験生時代、疲れ果てていたときは

東進の帰りに地元のイルミネーションを見ながら帰って

心を癒やしていた記憶があります笑

 

さて

今日はアウトプットの大切さを

今一度確認したいと思います。

「そんなのもうできているよ!」

って思う人もぜひ最後まで読んでもらえたら

嬉しいです!

 

みなさん

こういう悩み持っている人いませんか?

↓↓↓

「英単語や英熟語をたくさん勉強したのにテストで点数が取れない・・・」

それは英語に関わらず

古文や数学などでもよく言われます。

暗記するべきことはかなりやったはず!

なのになぜか問題が解けない・・・

 

なぜでしょう!!

それは圧倒的にアウトプットが足りていません!!

アウトプットが出来ていないと

どんなに勉強しても点数は伸びません。

どういうことなのか説明していきます。

 

例えば

もしあなたが先生から平泳ぎのやり方を

陸で説明してもらったとします。

手や足の使い方や息継ぎのやり方など

泳ぐのに必要なことはもう完璧に覚えました。

(平泳ぎをしたことが無いという前提でお願いします)

 

さあ

そしたら海に入って泳いでみましょう!

と言われ海に放り込まれたら

あなたは完璧に泳げますか?

水があるとないとでは環境が全く違いますよね。

波は打ち付け、手足は思う通りに動かせず

きっとほとんどの人は前にすら進めないでしょう。

教えてもらった時間以上の時間をかけて

練習をしないと泳げるようにはならないでしょう。

 

それは

勉強でも同じことが言えると思いませんか?

英単語帳を使って

英単語は完璧に覚えても

長文にその単語がでてきたら読めないものなのです。

いくら知識を頭に取り入れても

それを使う練習をしないと実際に使えないからなのです。

 

英単語や古文単語や数学や物理の公式などを

覚えることは大大大前提ですが

ですが

覚えたとしても使わないと

その知識はどんどん廃れていきます!

覚えるのに要した時間の倍以上の時間の時間をかけて

実践練習をしないと点数には結びつかないのです!

 

それが

アウトプットです!!

みなさん出来ていますか?

 

この時期点数が伸び悩んでいる人は

その原因はこのアウトプット練習が足りない可能性が大です。

もう一度自分の勉強を見直してみてください。

演習量と点数の伸びは意外と比例しているものですよ!

 

 

そして最後に

もう受験に対して諦めモードの人はいませんか?

「もうだめかもしれない・・・」

なんて思ってませんか?

勉強できる環境がまだあるのに

諦めるなんてまだ早くないですか??

やれることはまだあるはずです。

今までの努力を無駄にはしてほしくありません!

最後までもがきまくって死ぬ気で頑張ってみませんか?

 

 

明日は高橋担任助手です!

お楽しみに~☆≡

 

 

 

 

 

2018年 11月 26日 Go Bold

 

 

 

 

 

こんにちは!

東進ハイスクール北習志野高の石井です!

 

 

————————————

前回のブログはこちら!

Do What You Love

————————————

 

 

実はつい、一昨日。

東京大学の駒場祭に行ってきました!!

 

 

 

東大に行くのは初めてでしたし、

他大学の文化祭に行くのも初めてだったのですが、

 

やっぱり、文化祭の雰囲気はいいですね!!

ワクワクします。

 

 

 

 

 

(実は、とあるイベントの運営もやってました!)

(話聞きたい人は、校舎で声かけてね!)

 

 

 

今日は

 

失敗を恐れずに、どんどん挑戦しよう

 

ということを伝えたいです。

 

 

よく生徒から、こんな声を聞きます。

 

「今回の模試悪かったので、見せたくないです、、」

 

「まだ勉強できてなくて、怖いので過去問解きたくないです、、」

 

 

 

これは

 

何のために模試を受けているのか

何のために過去問を解いているのか

 

を理解できていないという原因もありますが

 

「挑戦」を怖がりすぎですし

「失敗」を恐れすぎです。

 

挑戦した者にしか得られないチャンスがそこにはあるし

失敗した者にしか得られない経験がそこにあります。

 

 

いくら頭で考えても、無駄です。

(しっかりとした計画なら良いですが!)

 

 

まずは、やってみる!

 

その結果が全てです。

 

そして、その結果をもとに、

次の計画を立てる。

 

失敗をもとに、次の計画を立てる。

 

この繰り返しです。

 

 

この話は、志望校の話にも通じます。

 

「とりあえず、〇〇で、、」

「自信ないので、〇〇で、、」

 

では、永遠に現状維持です。

 

 

自分の心、気持ち、思いに素直に従い

 

挑戦する。

 

あとは、気持ちの問題です。

 

そして、そんな気持ちの人には

全力で応援をしたくなります。

 

 

仮に失敗しても、大きな、貴重な経験になるはずです。

 

 

大胆に挑戦しよう。

 

今すぐ。

 

 

 

2018年 11月 25日 もう12月、やるべき事とは?

Magandang hapon po sa inyong lahat!

今回は外語大の学祭である、外語祭で

フィリピン語劇をおこなったので

フィリピン語でこんにちはを

意味する挨拶からスタート

させていただきます。

自分は市長役だったので

はじめの挨拶をしたり、

何故か歌を披露したりもしました。

劇って一体感が合っていいですよね。

自分を表現するのが好きな人には

とてもいいものだと思います!!!

(内容が気になった人は直接星田まで!!)

はい、また雑談はここまでにして

ブログのタイトル通り

12月って

何するの???

皆さんもう私大の過去問は解いてるし、

センターに向けても対策しなきゃ、、

などなど今迷走している人は

多いのではないか

と思います。

 

まずは国公立の皆さん。

自分の受ける大学のセンターと

二次の配点は分かりますよね?

センター試験の配点が

多いまたは同じくらいの

千葉大学など

そろそろセンター試験の勉強に

うつらないとまずいかもしれません。

今の北習志野校の生徒で

すべての科目が取れている生徒は

あまりいないと思います。

たとえば主要科目が取れていたとしても

併願科目までも

完璧に取れている人は

あまりいないと思います。

二次試験の勉強だけでなく

センターの勉強も

始める時期だと思います。

いつうつるのか時期を

しっかり見極めて下さい。

私立組の人たち。

そろそろ過去問にはなれてきた頃ですかね

しかし、まだ生徒の話を聞いている限り

一周目なのにゴリゴリに復習して

英語だけで一日おわっちゃう!

みたいなやり方をしている人がいますね。

 

それはすこしまずいです。

なぜなら3週これからするのに

そんなに復習していたら間に合わないかもしれません

たとえば英語は単語の意味確認と

合っている箇所、間違っている箇所の確認だけにして

あとの全訳はやらない。

であったり、やり方があると思います。

今はどのように過去問を3週していくか

また、第1、第2志望の割合をどうするか

その計画をしっかり立てることが重要です。

ゴールの日から逆算して

何周やるかを確認するとわかりやすいと思います。

 

とにかく国立も私立も

何をするべきかはっきりして

やることを決めて下さい。

それば今重要なことです。

焦らず、しっかり予定を立てましょう。

 

はい!最後に低学年の皆さん!!!!!

 

来月はかなり重要な

センター同日模試があります!!!

 

そこの点数はかなり受験に関係します。

受験生とやることは同じです

例えばマスターをここまでで終わらせる。

受講をここまでやる

単語帳、参考書をどこまで終わらせるか

どうかをしっかり決めて下さい!!

 

皆さんのセンター試験の結果楽しみにしてます。

自分がやったことをしっかり発揮できるよう

今からも努力を怠らないで下さい。

 

Maraming salamat sa inyong lahat!

(~ありがとうございました~)

 

明日は石井担任です!

 

 

 

 

 

 

お楽しみに~