ブログ | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ 

2020年 7月 13日 1番大切なのは

 

 

しつこい私のことを嫌いでも

 

過去問演習マスター

計画的に終わらせてください!!

 

どうも、このタイプのパスを

 

ずっと恐れていた

 

 

北習志野校の前田敦子こと

河原です。

 

 

あっちゃんといえばこのセリフしか

思いつかないですよね!

 

 

冒頭にもあるように、

 

 

会うたびに

「マスターどう?」

「過去問進んでる?」

 

 

と何度も聞かれて、

正直うんざり気味の

人もいるかもしれませんが笑

 

 

「うっとおしいなぁ」

と思いつつも、それが

少しでも

受験勉強を

頑張るきっかけ

なるのではないかと信じて!

 

これからも声かけを続けます(^^)

 

 

一緒に頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

さて、本題の

過去問を解く上で

大切にしていたこと

ですが

 

 

他の担任助手も書いてくれて

いましたが、

1番大切なのは

やっぱり

 

復習

 

 

です。

 

 

「大切なのはもうわかったよ、

でもやり方がわからない!」

 

 

 

そんな人がいるかも

しれないので、

 

 

今回はおすすめ英語復習法を

具体的にお伝えします!

 

 

 

一度時間を測って説いたあと、

全く同じ英文を

まっさらな状態で

用意して、

 

SVOCを振る

 

答えの根拠になる部分に

マーカーを引く

 

知らなかった単語の訳

を書き込む

 

という方法です!

 

汚いですが、こんな感じ↓

 

 

英文の構造について

理解することで、すっと文章が

入ってきやすくなり、

その結果問題に割ける

時間が増えて

点数もアップしていきます!

 

全部の大問を本気でやると

3時間くらいかかる

やりかたですが、

 

 

まだ自分の復習のやり方を

確立できていない人がいたら、

参考にしてみてください👌

 

 

 

 

私自身、高3の12月ごろまで

復習の大切さに気づくことができず、

点数が伸び悩んでいるのに、

英語の復習は

わからない単語をしらべて、

感想と一緒に

ノートに書いて、

15分

終わらせてしまっていました。

 

今思うと恐ろしいし、

後悔しています

 

 

今、共通テスト過去問の復習を

そんな感じで

 

てきと〜う

 

終わらせてしまっている人は

いませんか?

 

 

 

過去問は解いただけでは

絶対に力になりません!

 

 

自分の弱点を見つけ出して、

そこを毎回の復習

確実に潰すところまでで

1セットだという意識で

取り組みましょう!

 

 

 

 

次回のブログは、

いつも私からのブログパスを

スルーなさる

担任の北村さんです。

 

どうやら私のパスの中身が

よくないようです。

 

北村さんはどんなパスを

求めているのでしょうか?

 

 

 

次回もお楽しみに✨

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年 7月 12日 復習の大切さ

ラーメン

 

つけ麺

 

僕イケメン

 

ということで東進北習志野校の

狩野英孝こと

海東航です。

 

僕はたしかに思いもよらないミラクルが多々起こるため

 

言えてるかもしれないですね(笑)

 

さて、今回のテーマである

「過去問演習のコツ」

についてなのですが、

僕がとても重要だと思うことは

 

復習の徹底です。

多くの人は過去問を解く時間がメインだと思っていると思いますが、

 

それは断固として違います!!

 

過去問演習において復習はとても大事です

 

僕は、二次の過去問演習をしていた時は、

 

解答の時間と同じまたはそれ以上の時間を復習に充てていました。

 

 

なぜ復習が大事なのかというと、大きく二つあります。

 

 

一つ目は、志望大学の問題に圧倒的に強くなるからです。

 

 

特に国立理系の人に言えることなのですが、とにかく科目数が多いです。

 

ですが、極論言ってしまえば、

 

志望大学の問題にさえ解ければ、

頭が悪くても合格できます。

 

 

僕は、英語なんかは特に大学によって傾向が違うため、

 

ある程度の基礎が固まったら、

 

6月くらいからバリバリ赤本の「27か年シリーズ」をやってました!

 

 

二つ目は、大学の問題を通じて実力をつけることができるからです。

 

 

過去問を解いたら必ず間違えた問題があるはずです。

 

そのような問題を納得がいくまで復習してください!

 

 

間違えた問題を復習してこそ実力はつきます。

 

 

このように過去問演習において復習は一石二鳥なわけですが、

 

どのようにやるかを説明したいと思います。

 

それはズバリ「解説授業を見る」です。

 

 

これに尽きます。

 

解説授業はとても長いため、自分のわからなかった問題を重点的に見ることをお勧めしますが、

 

特に一回目は全部を見ることをお勧めします!!

 

 

なぜなら、自分のわかっている問題でもためになることを話してくれる先生がいるからです。

 

そのような先生がどの教科の先生なのかをしっかり見極めることがポイントです。

 

 

このように復習の重要性を話してきましたが、

 

そもそも過去問を解き始めなければ何も始まりません。

 

過去問をしっかり解きましょう!

 

 

明日のブログは東進の前田敦子こと河原担任助手です!

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年 7月 11日 意識するべき2つのこと

 

みなさんこんにちは!

早稲田商学部の市原隼人こと

(昨日のブログ参照)

小澤海斗です!

 

この前ROOKIESを一気見して

市原隼人がとてもカッコよかったので

うれしいですね!

 

実は受験期からずっと行きたかった

某ネズミー陸&海に行くことになりました!

待ちきれないくらい楽しみです!

 

今回のテーマは過去問ということで

英語の過去問における

復習のコツを伝授していきます!

 

僕が意識していたことは主に二つ

1.時間無制限で解きなおす

2.余計なことは覚えない

順番に説明していきます

 

1.時間無制限で解きなおす

 

過去問の出来が想像より良くない場合

「なぜできなかったのか」を追求します

時間無制限で解くことで以下の二つをハッキリさせます。

 

A,時間が足りない(速読できない)のか

B,そもそも文章が読めない(英語力が足りない)のか

 

時間無制限で解きなおして解けた場合はA

この場合はひたすら速読の練習

解けなかった場合はAかつB

そもそもの知識量や読解力を鍛えてから速読の練習

 

このように自分が次何をやるべきか

意識しながらの復習を心がけましょう!

 

2.余計なことは覚えない

 

過去問を解いていると、どうしても難しい単語が出てきます

単語帳に乗っていなかったり

辞書でも軽くしか書かれていなかったりします

 

でもそんな難しい単語覚えたとしても

本当に皆さんの受験に出るのでしょうか?

 

僕はそれを出ないと踏んで

出なさそうな難しい単語より

出る可能性が高い単語帳の単語

覚えるのに集中しました!

 

過去問の難しい単語をすべて覚えても

本番の単語が全部分かるわけではないので

「分からない単語があるうえで

文章をどう読むか」

意識しましょう!

 

以上です!今日の確認!

1.時間無制限で解きなおす

2.余計なことは覚えない

 

明日のブログは

東進北習志野校の狩野英孝こと

海東担任助手です!

お楽しみに!

 

 

 

 

2020年 7月 10日 時間はきっちりと

 

皆さん、お久しぶりです

大島です

実は結構前のブログで

100日後にムキムキになるって宣言して

そこから頑張って

筋トレを頑張ってきたわけですが

その100日後を

ついこの間の7/2に迎えました

まあそこそこなったかなと(笑)

でもまだまだなので

これからも継続して頑張ります!

そして安西担任の紹介にもあったように

僕は「恋の徳川家康」らしいんですけど

(詳しくは昨日のブログ見てください)

彼、ちょっと何言ってるかわからないですねぇ

最近パスが雑な気がします(笑)

今回ばかりはスルーということで、、、

次のパスに期待しましょう!

 

さて

昨日からブログのテーマが変わりまして

過去問を解くうえで意識していたこと

となりました。

ほとんどの生徒が

過去問に取り組んでいると思います

まだできていない人は

その理由を明確にして

いつまでに開始するか

期限を必ず決めよう!

自分が過去問を解くうえで意識していたこと

特に共通テストの問題とかは

必ず時間を守る

ということです

どういうことかというと

例えば英語で80分の時間で測ったとして

わずかに最後だけ解ききれなかったとします

そこでやってしまいがちなのが

まあいいかと思って

少しだけ時間を延ばしてしまうことです

これは全く自分のためにならないと思います

しっかりと

自分が解くのが遅いんだということを

認めましょう

そこで少しでも時間を延ばして

点数が取れてしまうと

結果として

自分はできているんだと満足してしまいます

まあ過去問を解くうえで当たり前のことなんですけど

意外とやってしまっている人いるかなって思います

解ききれなかった分は

復習の時に別でやればいいんです

是非意識してみてください

 

明日のブログは

毎度お馴染み

早稲田商学部の水谷隼こと

小澤海斗担任助手です

彼は超難関大学を

どうやって合格したのでしょうか

新鮮な意見が聞きたいところですね!!

 

 

 

 

 

 

 

2020年 7月 9日 過去問ってなぜやるんだろう??

 

こんにちは!!

3年担任助手の安西です

 

最近はみんなと

会える時間が

 

減ってしまい

悲しいです、、、

 

なぜ

減っているか

 

そうです

 

若狭担任助手からも

ありましたように

 

成長しているからです

 

 

私が成長していることは

身長です!!

 

まだ伸びる!?って

感じですが

 

無性に眠いのできっと

成長期だと思います

 

さて

 

今回から

ブログのテーマが

 

「過去問演習のコツ」

なります

 

コツに関しては

 

ピチピチの1・2年生に

お願いするので、

 

私からは

 

「なぜ」

過去問演習を

するのか

 

について話したいと

思います!!

 

まずは

イメージしましょう!

 

今、あなたは

戦場にいます

 

武器もたくさん

持っているし

 

戦術

知っています

 

けど、

戦場に行くのは

 

初めて

 

武器

使いこなせないし

 

戦術

上手く当てはまりません

 

理由はわかりますか??

 

場慣れしてない

からですね

 

言い換えると

 

戦場過去問演習

 

武器戦術

講座マスター

 

に当たります

 

戦場に向えば向かうほど

 

武器戦術も増えていき

 

基礎も固まっていきます

 

北習志野校全員で

 

百戦錬磨の伝説の武将

なりましょう!!

 

明日は

徳川家康こと

大島担任助手です

 

お楽しみに!!