メンタルについて | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 9月 12日 メンタルについて

大体の高校は文化祭も終わり

残るイベントも少なくなってきた時期ですね

一年担任助手の寺尾です

みなさん文化祭はどうでしたか?

ほとんどの人は参加して

楽しく過ごしたと思います

しかし、わかっているとは思いますが

いつまでも文化祭気分を残してはいけません

大体の人は「そんなの当然じゃん」と思っていると思います

もし思っていないとしたら

その人は受験をさほど重視せず

なんとかなるという風に軽く考えています

仮になんとかなるなら

毎日東進に来て勉強する人なんていません

毎日東進に来ていても

第一志望校に合格する人は

ほんの一握りしかいません

それなのに、毎日勉強するどころか

そんな甘ったれた考えを持っていて

切り替えずに勉強をしない人は

受かるはずがありません

逆に、当然だと思っている人も

完全に文化祭気分を抜くことは難しいと思います

ここでいち早く受験モードに切り替えられるかで

他人との差や合格率が変わってきます

まずはこれからの見通しを立てて

毎日の計画を具体的に細かい部分まで

立てていくことが必要です

その上で立てた計画に基づいて受験勉強を進め

なにか不具合が出る度に担任助手らと相談して

計画を立て直していく必要があります

この時期にどのような勉強計画で進めていくかで

自身の成績の伸びや志望校の合否が決まってきます

前置きがだいぶ長くなりましたが

今回はメンタルについて話します

この前の8月センター模試の結果を受けて

うまくいった人もいかなかった人もいると思いますが

いかなかった人の方が多いと思います

もしくは、多少なりとも不十分立った点があったと思います

なので、その結果を受けて落ち込んだり

やる気がなくなる人もいると思います

しかし、よく考えてください

このタイミングが一番結果を出すべき時ですか?

違いますよね?

本当に結果を出すべきは

言うまでもなく試験本番です

極論ではありますが、本番で結果を出せば良いのです

確かに、これはただのポジティブ思考だし

現実逃避に思えるし

早いうちに結果を出さないと不安だと思います

自分も去年はそうでした

8月模試では判定がDかEで

ほとんど受かる可能性はないかもと思いました

しかしそれでも、ダメだったところや

足りなかったところを伸ばすためのことをしたり

必要な勉強を休まず進めた結果として

10月や12月模試ではそれなりの結果まで伸ばすことができました

なので、みなさんもまだ十分に伸ばすことができると思います

そもそも、8月模試で皆さんは本当に自身が出せるだけの結果でしたか?

時間が足りなかったり、うまく吸収ができなくて

模試当日に間に合わなかっただけではないですか?

もしそうなのであれば、残っている期間を使って

自身の能力で出せるだけの結果を引き出せばいいだけです

それをできるかどうかは自身のメンタル次第です

落ち込んでいることを理由にただ時間を消費していくのか

ポジティブ思考でもいいからやるべきことをやるのか

それはどこまで受験に本気になれるかです

受験はここからが正念場です

文化祭気分が抜けてない人も

模試結果で落ち込んでる人も

残る期間を無駄なく使うために

メンタルを整えて受験を乗りきってください