頑張れ国立組! | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2020年 2月 22日 頑張れ国立組!

この1週間フィリピンにいたのですが

1人でタクシーに乗車した際に

乗る前は88(180円くらい)ペソでいいと言われたのに

途中で2000ぺソ(1600円くらい)を要求され

揉み合いになり、

100(200円くらい)ペソを投げつけて

全力でセブの夜で

逃走劇を繰り広げた本田です。

いやーやっぱり一人は怖いですね。

あとはやはりなめられないためにも

体を鍛えることは必須なのかなと思いました。

 

 

さてそんな本田が今日話す内容は

3年生の国立組に向けてです。

もうすでにほとんどの私立の試験が終わってしまいましたね。

今の時期の東進はどうですか?

当時の自分が

びっくりするほど知り合いがいなくなり、

いるのは知らない下級生のみで

自分の慣れ親しんだ東進が

全くの別物になってしまったと

寂しさを感じたのを覚えています。

また、東進で勉強をしていて、 

トイレ休憩で受付を通るとき

友人が担任助手に合格報告をしているのを何度も見ました。

一緒に喜びたい気持ちはあるけれど

それよりも不安が募って

東進に行きたくないなと思ったりもしました。

そんな当時の自分がマインドセットするために心がけていたことは

国立を受験することに誇りを持つことです。

国立組は大変ですよね。

センター試験の科目数が多いのにもかかわらず

私立受験は科目数が少ない人たちと

同じ土俵で戦わなければいけません。

そんな中できちんと私立を受かり、

妥協せずに国立を目指し

2月の後半まで頑張り続けることは本当に凄いことなんです。

それに加えて何よりも学費ですね。

国立は年間50万、私立は100万。

親孝行万歳ですよ。

他にも国立を目指す上で大変だったことたくさんありますよね?

そもそもみんなが国立を目指した理由はなんですか?

自分は言語教育において、

日本最高峰の東京外国語大学に

圧倒的魅力を感じたからです。

 

そういった最初の動機は原点にして頂点です。

ここで今一度自分を国立へと突き動かしたものは何かを思い返し、

ここまでやってこれた自分に誇りを持って

最後までやりきる。

これに尽きると思います。

とりあえず前期試験まで残りわずか、

気を抜かず頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事