特別訓練 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 1月 13日 特別訓練

 

あとセンターまで5日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担任助手の高橋です!

 

とうとうセンター試験ですね

センター試験の対策そろそろ始めてますよね???

 

5日前にもなると

 

何やろうか

どうしよう・・・

 

ってやること悩みますよね???

自分が5日前に一番効果があると考えることは

 

 

 

イメージトレーニングです

 

 

 

 

 

イメージトレーニングをすると脳が以前経験したかのような錯覚に陥ります

つまりセンター試験の本番で実力を出したり緊張しないためには必須です

そこで具体的なやり方を說明します

 

 

 

 

①1日3分

 かなり繊細にイメージするとかなり脳は疲れますが3分がいいとされています

 

 

②五感でイメージ

 過去の経験をつなぎ合わせ、その時感じた空気光景臭い感触など細かな五感をイメージすることがとても大切です

 このときに外部会場で受験した模試やセンター試験同日模試の経験が生きてきます

 

 

③主観・客観の両方をイメージ

 自分が試験室に入る時、自分が試験を解いているときなど主観的に自分を見ること

 また、自分が行動しているのを他人や空から見る客観視の2つの視点から行って下さい

 これによりより自分が試験を受けるときのイメージが具体化されます

 客観視をすることで緊張の緩和に繋がり、主観視することで集中力に影響します

 

 

④最高の場合と最悪の場合の両方をイメージ

 最低な場合はただ点数が取れないときだけではなく、試験に遅刻や病気、腹痛なども視野に入れておくといいです(結構普通にあります)

 そして最も重要なのは最低な場合で終わるのではなく、そこから巻き返すイメージを常に持っておくこと。

 1科目目で死亡しても2科目目で切り替えて最高得点を取るイメージ

 数学で解けなくてつまずいた時、とりあえず飛ばして他の問題を解き、戻ってきた時にひらめいて解けるイメージ

 英語の長文で解けなくて見直した時に間違いを修正するイメージ

 これらの事前のイメージが本番の試験を的確に解くのに必須です

 

 

 

以上のイメージトレーニングを必ず残り5日時間をとってやってみて下さい!!

どのスポーツ選手もやることですし

受験の緊張感はスポーツと共通するものですので

やらない理由が無いですよね???

 

明日は五十嵐担任助手です!