多方から捉えよ | 東進ハイスクール 北習志野校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2020年 12月 13日 多方から捉えよ

 

まず、更新遅れて申し訳ありません。僕のブログを毎回楽しみにしてくれているコアなファン層の方々もいるので、謝罪から入りましたとさ。それでは参ります。

 

どうもこんにちは?

 

担任助手2

土屋皓平と申します

 

 

自分の下の名前の

 

 

「皓平」という名前は周りに定着しなさすぎて、

 

 

この名前を知っている人は、地球では家族と元担当である小谷担任助手くらいだと思うので、

 

 

 

このブログを呼んで僕の名前を知れたみなさんは「ラッキー」です。この後いいことが起こるでしょう。

 

 

 

さて、私事ではございますが、

12月末に成人します。

 

(何日かは、土屋担任助手に直接聞いてみよう!!)

 

 

 

早いものですね。

仙波くんから抱負を聞かれてしまいました。仕方ないのでお答えしましょう。

 

 

「多くのものをいろいろな見方でとらえ、行動に移す。」

 

 

です。意味わかりませんね。

流石に恥ずか死ぬ気がするので本題に移ります。

 

 

今回のお題は

 

「同日試験に向けて」

 

 

です。

 

 

私の生徒時代の同日試験は

 

自分なりに割と成功したので、割とうまく行くとどんないいところがあるのかを紹介したいと思います。

 

 

①今までやってきたことのが正しいと確認できる

 

私は比較的同日に向けてしっかりマスターも受講も終わらせてきた人間だったので、

 

 

信じてひたすらやってきて、結果が割と出たので

 

 

 

「受講もマスターも絶対有意義なものだ」と高校生ながら確信を持てました。

 

 

逆に、同日までにやりきれなくて点数が取れなければ、

 

「受講もマスターも、担任助手も意味ないんじゃね?」

 

なんていう迷走をしてしまうことだってあります。

 

 

いやですよねこんなの。せっかくこれで受験勉強頑張ろうと決めた

自分やシステムを

 

信じられないと

 

感じ始めたら。

 

 

 

②弱点分析がより明確になる

 

当たり前ですけど、できないことが少ない人ほど

 

本番までに対策すること

は少ないですよね!

 

 

本当に苦手な部分だけに焦点を当てて対策していくことができます。

有利なことに間違いはありません。

 

 

③単純にやったぁ〜

 

 

単純に点数取れたら嬉しいですよね。

 

 

それだけじゃなくて、今決めている志望校に対して

 

 

「モチベが上がり、自信がついてきます。」

 

 

それは単なる気分的なモチベではなく、点数ベースで見た確かな自信です。

 

 

これより確かなものなど合格通知以外ありません。

 

いかがでしたでしょうか?おさらいすると

 

 

 

今までの確かめ

弱点潰しの精度アップ

やったぁ!!(志望校へのモチベUP)

 

 

でしたね。個人的には❸が大きいかなと思います。

 

 

 

皆さんもぜひ、一年前にいい結果を出してあらゆる面から志望校を捉えやすくしてみましょう!!!

 

 

同日については以上です。

 

 

公開授業についてお知らせです!

そして

東進生以外の君にもお知らせです!

12/16,20:00から

武藤一也先生の特別公開授業があります!

英語が苦手な人も得意な人も

必聴の120分です!

興味がある人は

下の公開授業のバナーをクリック!

 

 

冬期特別招待講習も

まだまだ申し込めます

そちらも下のバナーから

お申し込みください!!

 

 

明日のブログは寺尾担任助手です。

 

彼に対して特にいうことはないので、

過去でも最近でもなんでもいいので

 

 

「えげつない自慢話」

 

 

でも聞きましょうかな

皆さんお楽しみに!!