受験本番の万能薬 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2018年 11月 16日 受験本番の万能薬

 

 

今年の1月に初めて海外旅行にいってからもう10ヶ月経ちましたが、

こっそり?ながら今年だけで5.6カ国いきました。

大学に入ったら自分の好きなことが何でもできてとても楽しいので

大学に入る前にやりたいこと、学びたいことを

ある程度決めておくことをおすすめします!

というわけで

 

こんにちは!担任助手二年の勝又です!

 

来年もまたたくさん好きなことをやって過ごそうと思います。

話が変わりますが、ここで本題。

受験本番の万能薬ということで、それについて話そうと思います。

 

そもそも、受験というのはとても緊張するもので、いつも通りの力が出せないのが毎年の生徒の悩みです。

そしてそのために、毎年受験に失敗してしまうことという人を多々みます。

 

そこでその緊張を治す万能薬、それは

【自分の勉強してきた証拠】です。

何でも構いません。

 

自分ノートでもよし、使い古した参考書でもよし、過去問研究ノートでもよしです!

 

僕は自分ノート(苦手分野の書き込みや一週間ごとの予定、その勉強量を書いていました)を本番の会場に持っていっていました。

 

本番で一切使いませんが、入試が開始する直前にそれをみて

「こんなに今まで勉強したから大丈夫」

「自分ほど過去問研究した人はいないだろうから受からないはずがない」

と思いながら受験しました。

そうすると、周りの人が自分よりもできないと思い込むことができ

緊張がほぐれむしろやる気に満ち溢れながら受験することができたということを覚えています。

本当にこれ、おすすめです。

今からでもいいです

本番にもっていくもの、自分がどれほど勉強したかわかるもの、自分の自信につながるもの

これらを【万能薬】として本番活用できるように、作っておいて下さい。

もうあるひとはそれを今よりもより一層使い切り、

自分の受験当日の自信としてください!

 

皆さんの勉強が報われることを祈ります。

 

明日のブログは滝澤くんです!

おたのしみに!