Dear 受験生 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 10月 21日 Dear 受験生

 

 

 

 

 

こんにちは

サッカー大好き大島です

昨日安西担任助手が2年生に向けて書いていたので

僕は受験生に向けて書こうかなと

皆さんは今

二次私大過去問10年分を10月末までに解き切ろうということで

予定を立てていると思います。

かなり大変だとは思いますが

これらをやるのには

やっぱりちゃんと理由があるんです

二次私大の過去問をやってる人はわかると思いますが

解く時間に加えて

復習の時間に

多くの時間を必要としてるんではないでしょうか

 

僕の担当のグルミで生徒に聞いたら

解く時間の2倍くらい

復習にかかっていたので

それだけ時間がかかるということです

 

例えば90分の試験だったら

4時間以上過去問に時間を

割かなければならないのです

これは1科目の時間ですから

これが3科目分(人によって違いますが)、、、

そしてそれを10年分、、、

 

 

併願校の対策もしなければならない、、、

 

12月からは徐々にセンターにシフトしなければならない、、、

 

 

そう考えると今できる最大限の量をやるしかないんです

10年分やらなくても5年分とかで良いんじゃね?

併願校対策とかやらなくても行けるんじゃね?

 

そんな風に思う人がいるかもしれないので

 

僕の受験結果を見せると

6年分しか解かなかった第一志望の国立大学はズタボロにされて落ちましたし、

滑り止めだと思って受けた中央大や芝浦工大も

対策せずに調子こいて受けたら

全然出来ずに落ちました

本当に舐めてかかったら後悔します

 

逆に併願校でも5年分くらいやった理科大と明治はちゃんと受かることができたので

僕の結果だけ見てもここまで顕著に出てるなぁと

そんなわけで

全体として見ても過去問は

第一志望10年分

併願校は最低でも3年分くらいはやったほうが良いんじゃないでしょうか

ということで

 

計画通り進められるように!

受験生はここが踏ん張りどころです

最後の最後まで成績は伸びます

絶対に諦めずに

残りの3ヶ月

頑張っていきましょう!

 

明日は獨協大のプリンセスこと岡崎担任助手です