面白くないブログ | 東進ハイスクール 北習志野校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2021年 2月 4日 面白くないブログ

みなさんこんにちは若狭です。

 

更新遅れてしまい申し訳ありません。いろいろなものに追われており忘れていました。

今日はいつもよりは短めにいこうと思います。

 

 

吉田君からのパスは自粛期間中の過ごし方でしたが、その前に一つ言いたいことがあります。

 

皆さんは今まで僕がブログでコロナや自粛といったワードを極力使ってこなかったことに気づいていましたか?

これは自分自身が意識してやっていたことなんですが、理由として一番大きなものは、

 

こーゆー時世だから〇〇ができない、〇〇をしなければいけない

といったような意識を持つことで

可能性を自ら潰すことをしたくない

 

からです。

 

もちろん外出時のマスクやディスタンスをとるなどはしなければいけないことはわかっていますが、

前で述べたようなワードを使うことで

やり方や考え方次第でどうにかなるようなことや今だからこそできることを見つけることをあきらているような気がしてしまうのです。

まああくまで僕個人の考えですけどね。

 

あとは単純にマイナスな言葉を使いたくないという理由です。

 

というわけでパスに対するアンサーとしては、いつも通り音楽にどっぷり浸かった生活を送ろうと思っています。

 

 

ではここから本題です。

今回は二次私大について書くのですが、

受験生の皆さんは人によって早い遅いはあると思いますが

それぞれ最初の二次試験本番を迎え始めているころかと思います。

人によってはすでに第一志望の受験を終えている人もいるかもしれません。

 

これを書くにあたって1年前を思い返してみたのですが、僕はちょうどこの日は2/6の最初の私大本番に向けて最終調整をしている頃でした。

皆さんは試験本番の前日、前々日をどのように過ごしていますか?

 

おそらく過去問を何度も解きなおしたり今までの演習結果に基づいて問題集で弱点を補ったりと

人によっていろいろなことをしていると思います。

これに関しては正解はないのですが、ここでは僕が思うみんなやりがちだけどやるべきではないことを念押しします。

それは、

 

 

合格最低点と点数をひたすら比べて一喜一憂すること

です。

 

 

これの何がいけないかというと、おそらく皆さん言わずともわかると思いますが、

①精神状態が不安定になる

②時間の無駄

この二つに尽きます。

 

本番が近づけば近づくほど基準である合格最低点との差が気になるのはめちゃめちゃわかります。

しかし、それをやったところで合格に近づくわけでも安心するわけでもありません。

他にもやるべきでないことはありますが、その辺をよく考えて直前期を過ごしてほしいです。

というわけで僕の話は以上です。

 

 

今回は自分で見返して悲しくなるくらい面白くない内容でした。

明日の安西さんのブログはきっと僕の分まで面白くしてくれていると思うので期待して待ちましょう。

僕からのパスはこの期待感ということにします。

(本当は思いつかなかっただけです。)

それでは皆さん試験本番頑張ってください!

 

 

 

過去の記事