引退と切り替え | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 6月 2日 引退と切り替え

こんにちは!

 

担任助手1年の

淀瀬涼太です。

 

ブログ書くのが初めてなので自己紹介をしたいと

思います。

出身中学校は七林中学校で

出身高校は船橋東高校です。

小学校のときは野球

中学校のときは陸上

高校のときはバドミントンをやっていました。

春からは

千葉大学

工学部

共生応用化学科

という所に通っています。

 

さて、5月も終わり、6月に入ったということで

部活を引退する人が増えてくる時期

なのではないかと思います。

部活をもう引退したよっていう人は

ちゃんと勉強へと気持ちの切り替えができている

でしょうか?

部活の余韻に浸って勉強があまり集中できていない人も

多いのではないでしょうか

僕もその一人で部活が終わってから

勉強に集中できない時期がありました

部活引退直後の時期

特に大切な時期だと思います。

なぜかというと

部活を最後まで続けていた人にとっては

定期テスト期間以外で

勉強一本でできる最初の機会

だからです

この時間を受験生の自分にとって

有意義なものにして

勉強のリズムを確立でき、それを受験終了まで

続けることができれば

目標達成できる確率が間違いなく上がると思います

だからこそ

部活が終わった時期は受験に勝利するために

本当に大切な時期で

無駄にしてほしくないのです

逆に、部活をやっているときはあまり

勉強できていなかった人にとっては

自分を大きく変える良いチャンスです。

そのためには、何をしたら良いのでしょうか?

自分は、毎日東進に来ることが

最短経路だと思います。

東進に行けば勉強している他の生徒がいて

自分も勉強しなきゃいけないと思うし

わからないところがあったら質問ができるし

これほど勉強に適した環境があるでしょうか?

 

 

また、まだ部活が終わってない人もいると思います

中には周囲の人が引退している中

勉強の時間が確保できず焦っている人も

いるのではないでしょうか?

そういった人は時間をつくる努力をしましょう!!

例えば、高校に少し朝早く起きて登校したり

スマホの見る時間を減らしたりなどと

いろいろ方法が考えられます。

その時間に英単語を確認したり

無機化学の暗記の時間にあてたりするなど

忙しくても時間をつくることは可能です

その積み重ねがどんなに小さくても

続けていけば入試本番の自分を

楽にしているかもしれません

まあ、高校の部活みたいに仲間で集まって練習し

試合をするといったことは

大学に入ってしまったらあまりないものです。

だから、勉強とのメリハリを付けられず

中途半端で終わってほしくないのです。

中途半端で終わってしまうと

受験勉強をしていても

あのときもう少し頑張っていたらなあ・・・

などと

後悔が残って勉強に集中できない時間

ができてしまいます。

一方、部活を後悔なく終える

ことができれば

受験勉強へといい感じに

切り替えられると思います。

勉強と部活の両立は

そう簡単なものではないと思いますが

頑張ってください!

応援しています

 

 

話が変わりますが、ここで告知です

6月14日(金)

あの超有名講師の

安河内哲也先生

北習志野校の授業をしに来てくださいます

英語が苦手な人も、得意な人も

来て絶対に損しません

高1、高2のみなさん

ぜひ友達を誘って参加してください

 

明日は安西担任助手です

お楽しみに!