サボることの意味 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 5月 9日 サボることの意味

 

 

GWが終わってしまった、、、

みなさんも同じようなことを思っていると思います。

 

休みって素晴らしいですよね

高校生の皆さんは部活のひとは部活。受験生はたくさんの時間を利用した勉強。

大学生は自由な時間として旅行に行くのもよし、家で本を読むもよし

 

素敵ですね。

 

前置きはここまでで、

みなさんこんにちは!

大学三年生になりました勝又です!

 

前置きに関係する話をしますが

GW、皆さんはどのように過ごしましたか?

勉強してました!!!

自信を持って言える人、その調子です!頑張っていきましょう!

 

 

一方

すこし遊びました

家でだらけてました

そのような受験生いませんか?

 

おそらくいると思いますし、こころあたりある方は要注意です。

受験勉強は他人との勝負です。

まわりの人が勉強している時に勉強をサボったらどうなりますか?

①偏差値に現れる。

まわりが学力向上しているなかサボった人はどんどんおいてかれます。

②受験に勝てない

いくら点数が伸びようと周りの人はそれ以上に伸びているので合格圏内に入り込むことはできない。

 

と言った形でサボるということは受験において致命傷を意味します。

 

 

逆に言えば

まわりの人達が勉強しているタイミングは勉強をする

+@【まわりの人が勉強していない時に勉強をする】

これができれば、偏差値向上、合格圏内にはいることができるということです。

例えば早朝、夜の寝る前の時間帯、休憩時間を減らすことによって生まれる時間帯

などですかね

まだまだあると思うので探してみて下さい。

 

受験の勝者になるために試行錯誤して勉強していきましょう!

明日のブログは北村担任助手です!

きっとおもしろい話が聞けますよ。

お楽しみに!!