暗記法「書いて覚える」嘘だった説 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2018年 6月 2日 暗記法「書いて覚える」嘘だった説

こんにちは!

担任助手1年の五十嵐です!

 

もう6月ですね~

ついこの間大学に入学してあっという間に2ヶ月経ってしまいました、

びっくり(*_*)

 

さっそく質問なのですが、みなさんは暗記するときに

どういう風に覚えていますか??

 

 

声に出して覚える、赤シートを使う、

単語帳を使う、とにかく書く、など、、、

 

暗記するとき、書いて覚えるという人は多いんじゃないかと思います。

私も受験生時代、英単語とか

ひたすら白い紙に書きなぐっていました。

 

しかし、この前大学の心理学の授業で、、

 

教授「なんでも書いて覚えるわけではありません。」

 

私「!?!?」

 

 

どういうことかというと、、、

 

練習しないと書けないもの

(例えば、図形、難しい漢字、複雑な英語のスペルなど)は、

書く効果があるそう。

 

逆に、音声や意味、概念などを思い出せば再現できるもの

(既知の文字、数字、意味、など)は、

書く効果なし!

だそうです。

 

では書く効果のないものはどうやって覚えればいいのでしょうか。

 

暗記するとき、

 

「うまく覚える」=「うまく思い出せる」

うまく思い出すためには、

1、精緻化する

 

精緻化とは、すでに自分の持っている知識とこれから覚える知識を結びつけることです。

 

まず覚えたことをきちんと理解する。

そして、イメージ化、ストーリー付け

語呂合わせ、意味付けなどします!

例えば歴史上の人物を覚えるときにその人の顔の写真を思い浮かべたり、、、

(一つ一つ説明するとすごい量になるので興味のある人は調べてみてください。)

 

思い出すときにヒントとなる情報があるほど思い出しやすくなります。

 

 

2、繰り返し覚える

 

1日に2時間よりも1日に1時間の学習を続けた方が、同じ学習時間でも正答数が多くなる、という実験結果があるんです!

 

何度も繰り返すことで、内容を定着させることができます。

 

しかし、日数は長くかかるので普段からこまめに学習しましょう!

毎日の電車の通学時間は英単語などの繰り返し学習にぴったりですね!

 

 

心理学的な暗記法を使って

効率よく暗記しましょう

 

以上、五十嵐でした~

 

明日は、リラックマが大好きな鈴木担任助手です!

 

 

過去の記事