1年前、何してた? | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 2月 26日 1年前、何してた?

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

東進ハイスクール北習志野校の石井です。

 

今の学年も残すところ、後1ヶ月と少しで終わってしまいます。

私は今年の4月で大学4年生になるのですが、本当にあっという間です。

 

気づいたら、入学式が終わり、

1年生が終わり

2年生が終わり

3年生が終わりかけてました、、。

 

高校でも同じですよね、、。

気づいたら、1年生や2年生が終わりかけてませんか?

 

ここでただ「あー、時間経つのは早いなぁ、、。」

なんて思って終わりでは、勿体無いです。

 

あと、1ヶ月と少しで新学年になります。

 

人間は何かきっかけがないと(orきっかけを作らないと)

なかなか変われません。

 

4月はきっかけとしてはもってこいです。

 

でも、ただ4月を待つだけでは、

当然ごく普通の4月を迎えるだけです。

 

もし、4月を何かを帰るきっかけの月にしたいなら、

今からやっておくべきことが2つあります。

 

①1年前の自分と、今の自分を比べてみる。

 

まずは、振り返りです。

 

この1年間はどんな1年間でしたか?

 

1年前の自分と、今の自分で何か変われたことはありますか?

ゆっくりでいいので、この1年を振り返ってみてください。

 

どうですか?

 

ここで、1年前と比べて、何か変われた!と思う人は

その変化をヒントに次の1年を考えてみてもいいと思います。

 

全然変われなかったな、、と思う人は、その時の気持ちを大事にしてください。

悔しいでも、恥ずかしいでも、なんでもいいです。

 

その気持ちを1年間持ち続けてください。

 

「また、同じような1年間でいいのか?」

を自問自答し続けるのです。

 

 

 

②1年後、どんな自分になっていたいかを考える。

 

①では、1年前の自分と比べましたが、

今度は、1年後の自分を想像してみてください。

 

何についてでもいいです。

部活でも、勉強でも、趣味でも、なんでもOKです。

 

そしたら、あとはそれを逆算していくだけです。

 

 

1年後、そうなるためにはどうすればいいのか?

そのために重要なことは何か?

 

 

それをどうやっていくのか?

どのくらいのペースでやっていくのか?

 

 

直近の目標で言うと、どうなるのか?

(例えば、1ヶ月ご)

 

 

1ヶ月後の目標を達成するためには、これから1ヶ月間で何をする必要があるのか?

 

 

では、明日やることは?

 

 

と言う風に、目標を落とし込んでいきましょう。

そうすることで、1年後の遠い目標が身近で達成しやすい目標に変わります。

 

あとは、それを継続できるかどうかです。

目標を明確に持ち、それに向かって継続できるかどうか。

 

結局は、それにかかっています。

 

そのためにも、まずはこの2月3月で、

振り返りと、目標をしっかりと考えて、

 

次の1年間を最高の1年にするために

最高のスタートを切りましょう!

 

 

 

 

 





過去の記事