闘争心!! | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 1月 25日 闘争心!!

鬼のテスト期間が

終わりました。

が、しかし

点数が足りなかった

科目は再試験があり、

その再試験に

怯えています。

どうも、滝澤です!!

 

秋学期になって

薬学部の恐ろしさを

痛感しています。

 

さて、本題に入りましょう!!

受験生、勉強の調子は

どうかな???

 

センターの結果が分かって

落ち込んでいる人

逆に

結果が良くて

わくわくした気分な人

様々だと思います。

 

 

前回の自分の

ブログでも

話しましたが、

受験は本当に怖くて

恐ろしいもの

だと思います。

 

現役生のみんなが

この気持ちをよく理解

できると思います。

去年の自分も不安な

気持ちでいっぱいでした。

 

しかし、その不安感

恐怖心に負けていては

自分の実力が出せず

結果出ません。

 

残り少ない受験生活の中で、

今まで勉強してきた過程

非常に大事になります。

 

結果ではなくプロセスに目を

向けることが、メンタルを強く

すること

であると

知られています。

 

メンタルが弱い人は

ほんとに自分の力は

発揮できません。

 

スポーツでも

自信なさげにプレーを

している人を

どう思いますか??

 

野球のイチロー選手や

フィギュアスケートの羽生選手

など

世界のトップスリーとは

どんな思いで

ステージに立っているのでしょうか。

プレーや演技で自信がないように

見えますか??

 

自分が言いたいことは、

繰り返しになりますが

結果よりプロセスにこだわれ!!

ということです。

 

プロセスを重視して

やっていれば

最高のステージ

最高のパフォーマンス

するために、

計画して練習します。

 

その結果

本番では

自分のやってきた

プロセスを信じることで

自分に自信が生まれ、

最高のパフォーマンス

発揮することができます。

 

そうやって自分で

課題を見つけ、成長に

つなげています。

 

受験生のみんなは

毎回の模試や

過去問で

自分の足りない部分は

もうほぼわかっていると

思います。

 

そこででた

課題点を自分で消化し

成長につなげてほしいと

思います。

 

最後にもう一度言いますが

「結果よりプロセスにこだわれ!!」

成果はあとでついてきます!!

 

頑張ってください!!!!

 

<オマケ>

精神の不安定さ

について話します。

人のメンタルを保つのに

セロトニンという

神経伝達物質が

あります。

この物質は、

人の落ち着きを保ち

不安を抑える物質です。

このセロトニン量が

女性は男性の半分くらい

しかないそうです。

なので女子のほうが

精神的に不安な気持ち

など、感情の起伏が

激しいそうです。

 

それでも受験は

同じフィールド

ですから、

もし、不安な気持ちに

かられて押しつぶされそうに

なったら、仲のいい

担任助手を

ぜひ

頼ってみてね!!!