言い訳するな | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 11月 7日 言い訳するな

こんにちは!

最近、動画編集の勉強中の野瀬翔太です!

旅が大好きなので、それを魅力的な動画で伝えられるようになりたいな〜って感じています!

 

そんな僕からは、「受験生よ、言い訳をするな」ということを伝えたいです。

全統模試が終わり、帳票返却面談が進んでいることだと思います。

 

模試を受け終わった生徒の感想を聞いたり、

生徒同士の話を聞いていたりすると

どうしても言い訳が多いように感じます。

 

全統のこの時期は

過去問に取り組む人が多くて

センターがおろそかになってしまい

点数が取れなかったという人の気持ちもわかりますが、

 

「最近化学やってなかったから(物理に時間取られちゃった)」

「二次私大の過去問しかやってなかったから」

「この科目はセンター対策してないから」

 

という言い訳に意味がないのはわかりますよね

 

こういう事を指摘されるのはいい気持ちがしないかもしれませんが

どうしても今言っておきたい理由があります。

 

それは、

今言い訳してもいいけど

そのまま受験をむかえちゃうよ

 

という事です。

 

 

簡単な例で説明したいと思います。

僕は受験生当時

センター科目は英語・数学・国語・世界史・地理・理科基礎

二次科目は英語・数学・国語・世界史・地理でした。

 

二次試験に使わない理科基礎に関しては12月の半ばまで勉強せず

ずーっと模試では言い訳していました。

「やってないからできないっしょ」

「本番で取れればいいよ」

と考えていましたが、現実はそんなに甘くなかったです。

結局言い訳を先延ばしにして放っておいたところ

本番では目標点を取ることができませんでした。

 

 

 

 

過去にやってなかったから

最近やってなかったから

言い訳はいくらでもできますが

本番は言い訳できませんよね。

 

今は受け止めたくない現実も、しっかりと自分のものとして受け止めましょう。

言い訳マンにならないで下さい。

 

 

塾のチューターとして、こういう事を言うのも良くないですが、

大学に行くことがマストであった時代ではないのです。

大学全入時代に突入しており

(大学定員数の方が大学志願者数より多く選ばなければ誰でも大学に入れる時代)、

今はスキルや自分の知識・資格などが重視される時代だと思います。

 

 

その中でみなさんが必死に勉強しているのはなんのためでしょうか。

せっかくならその努力も、時間(機会費用)も、お金も

無駄にして欲しくないので

合格から遠ざかる行為=言い訳をやめましょう。

 

 

思うような点数が取れなかった人はしっかり

自分の悪いところをしっかり見つめ直して下さい。

原因分析が苦手であれば英語・数学・国語・世界史・地理・理科基礎の科目であればいくらでも相談に乗ります!

 

悪かったからと言って

諦めないで下さい。

今回は本番じゃないです。

今回が最後じゃないです。

 

自分の頑張り次第でまだまだ伸びます。

受験生はセンター試験本番の前日まで伸びます!!

 

言い訳をせずきちんと向き合って

 

自分のやってることを信じて

最後までやり通して下さい!

 

頑張れ受験生!