緩急!? | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2020年 8月 2日 緩急!?

北習志野校のドルチェ&ガッパーナこと

 

海東航です。

(何じゃそりゃと思った人は昨日のブログを見てください)

 

香水に例えられるとは嬉しい限りですねぇ

 

つい5日前に財布を無くしてしまって頭が真っ白になってしまったのですが、

無くした10分後には交番に届いていたので人間の温かみをしみじみと感じました。

 

緑ヶ丘は素晴らしい街なので、ぜひ心が穢れた時などは足を運んでみてください。

 

ってことで今週のテーマである

「夏休みの受験勉強のポイント」

について話していきたいと思います。

 

僕の思う夏休みの受験勉強のポイントは、

緩急をつけて勉強することです。

 

やはり勉強をしていくにつれて、

難易度はどんどん高くなっていきます。

 

なので頭もつかれるのが早いです。

 

二次レベルの数学や物理は特に疲れるはずです。

 

そんな頭が疲れた時に大事なことが

 

緩急なのです。

 

ここでおすすめの緩急のつけ方を2つ紹介したいと思います。

 

一つ目は、

 

「勉強中で緩急をつける」です。

 

疲れる理系科目ばかりやっていては体がもちません。

 

そんな時は暗記科目をバランスよくやることがおすすめです。

 

僕はセンターだけでしか使わない地理をやってました。

 

地理は普段使わないような頭を使うためとても楽しかったです。

 

そして二つ目は、

「おしゃべりで緩急をつける」です。

 

おしゃべりのし過ぎは本末転倒なのですが、

担任助手や友達と適度に話すことはとても楽しいです。

 

ずっと勉強して疲れた自分へのご褒美として、

トイレ印刷の時くらいは

気分転換にしゃべってみてください。

 

気持ちがすっきりしますよ。

 

このように受験勉強をきついものではなく

 

緩急をつけて楽しみましょう!

 

明日は立教の芦田愛菜こと河原担任助手です。

 

彼女は一体何を口にするのでしょうか、期待ですねぇ

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事