理想と現実 | 東進ハイスクール 北習志野校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2021年 6月 11日 理想と現実

 

こんにちは。

担任助手3年の寺尾です。

 

昨日の土屋担任助手から

好きな野菜」について聞かれましたが、

私は「さつまいも」が好きです。

 

野菜と言われてパッと思いつくのはサラダですが、

そこであえてさつまいもと答えときます。

 

さつまいも嫌いな人はいないですよね?

というくらい好きな人が多いですが、

焼いても美味しいし、お菓子にしても美味しいので、

とても好かれていると思います。

 

なかでも私は「干しいも」が好きです。

もはや野菜かお菓子かわからなくなってきたけど、

食べたことない人は人生損してると思うので、

すぐに買って食べてみてください。

 

 

野菜(?)についてはさておき、

今回のテーマは

試験会場あるあるですね。

 

私は入試試験で特に印象の強い会場について書きますが、

先にどこかあげると

慶應義塾大学です。

 

なぜ印象深いのかは、

会場がほぼ高校の教室と同じ

だったからです。

 

多くの人は、

試験会場=講堂のような広い場所

だと思ってると思いますし、

自分もそうだと思ってました。

少なくとも、高校の教室に似てないと思ってました。

 

しかし、慶應義塾大学は学校の机のまんまであり、

しかも解答用紙が机に収まりきらないという

なかなかに狭い環境だったので、

とても記憶に残ってます。

 

慶應義塾大学だけでなく、

試験会場は大学や会場によって千差万別なので、

皆さんはどんな環境でも対応できるようにすると

いいと思います。

 

たとえ、ガタガタしたり座り心地が悪くても、

それに影響されて結果が出せなくては意味がないので、

環境に順応することに焦点を当ててください。

 

原則として席を変えることはできませんが、

何か不具合等がある場合は変えることができるので、

試験監督に確認してみてください。

 

 

明日は橋本ちほ担任助手です。

最近ハマっている料理」について聞いてみましょう!

明日もお楽しみに!