マスターと人生 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2020年 8月 23日 マスターと人生

どうも、つい3日前まで入院していた

海東航です。

 

小澤担任助手からのパスを回収しますと、

木から落ちて骨折をしてしまいました。

 

というか木が勝手に折れたので僕は悪くないのですが、

安易に木に登るものではないですねぇ

 

5日間の入院だったのですが、

中身は地獄そのものでした。

 

割とのんびりできると楽しみにしてたんですが、

やはり手術は気軽にするものではないですねぇ。

 

ここで雑談なのですが

 

点滴を打つときは血管の細い人は気を付けてください。

 

何回も針を刺されます

 

数えていたのですが

10回も刺されてしまいました。

 

看護師さんに「何回も刺してすみません」と言われたとき、

 

内心とても痛かったのですが、

 

「大丈夫ですよ」と涼しい顔で言った僕を

今度会ったらほめてください。

 

 

さて、本題に移ります。

今週のテーマは

「高速基礎マスター基礎力養成講座

の意義と活用法」

についてです。

 

僕は実は金銭的な問題で

高速基礎マスター基礎力養成講座を取っていなかったのですが、

 

単語は招待講習期間にやっていました。

 

単語をやってて思ったのですが、

マスターを行う上で最も大事なことは、

覚える努力をしながら

高速で終わらせてしまうことです。

 

目安としては、

一週間での修得としてください。

 

僕は当時、一週間で修得しました。

 

ここでなぜ高速で終わらせることが重要なのかについて説明します。

 

その理由はただ一つ、

高速で終わらそうがダラダラやって長期的に終わらせようが

結果忘れるからです。

 

ん?と思うかもしれないですが実際そうです。

 

ダラダラ長期的にやると逆に最初にやった分を忘れてしまいます

 

逆に、

一週間で終わらせると確かに忘れてしまいますが、

 

ある程度努力をすることで二周目で圧倒的に覚えやすくなります。

 

また、一週間での修得はぶっちゃけ頑張れチョロいです。

 

同様に熟語は1週間、文法は2週間を目安に頑張りましょう。

 

明日のブログは河原担任助手です。

 

どうやら最近とってもおいしいものを食したそう。

 

期待です!

 

 

過去の記事