模試をどう活かすか | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 6月 18日 模試をどう活かすか

みなさんこんにちは!

最近三限に行くのがとってもつらい高橋です。

 

学校が遠いことがこんなにもつらいとは、、、

 

高校から電車通学の人はほんとに尊敬します。

 

 

さて、全国統一高校生テストが終わりましたね!

 

結果はどうでしたか?

 

「全教科目標達成して言うことなし!完璧!」

 

という人はほとんどいないと思います。

 

逆に、「普段もっと取れてるのに…」とか

「こんなはずじゃなかった…」とか

 

 

みたいな満足できない結果だった人の方が多かったと思います。

 

でも、そこで不安になってふにゃふにゃふにゃふにゃしてる時間はほんとにもったいない!

いくら自分の点数とにらめっこしてても絶対に結果は変わりません。

起こってしまったことは今更どう足掻いても変えることは出来ないのです。

 

ならどうするべきか。

 

ひたすらに自分の結果を分析することです。

 

見るべきところは点数じゃありません。

自分がなんで間違えたのか、どの分野が苦手なのか研究しまくってください。

 

そして、どうやったらその苦手が克服できるのか考えて、次の模試を見据えてまた勉強する。

 

その繰り返しです。

 

過去を変えることは不可能ですが、過去を省みることはできます。

それが人間の素晴らしいところです。

 

そうやって自分の結果を分析する作業は、志望校の過去問研究にも繋がります。

過去問演習はいかに自分で工夫して対策できるかが勝負なので、

今のうちから慣れておくことはとてもつよみになります。

 

つまり結局何が言いたいかというと、

 

くよくよしてる暇があったら次の模試に向けて勉強しろ!!

 

ってことです。

こう言うと厳しく聞こえるかもしれませんが、

冷静に考えて模試の結果が良くなくて落ち込んでさらに勉強しなかったらもっと悪くなるのは目に見えてます。

 

今の苦しみを耐えて頑張り続ければ必ず結果となって現れます。

 

それを信じて勉強し続けてください!

 

ここで折れるか折れないかはほんとに自分次第!

 

応援してます!

 

                   明日は滝澤担任助手です!

                           お楽しみに!!