模試はつらいもの? | 東進ハイスクール 北習志野校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 11月 4日 模試はつらいもの?

こんにちは!!!

担任助手1年の汲田です!

ここ1週間明治大学の学園祭ということもあり大学がなかったので、自分の時間をとることができ、心も体も休めることができました。

 

受験生の皆さんも受験勉強で大変だと思いますが、心と体は大事にしてください!

前回のブログで川越担任から

 

自分の中の最近のトレンドについて聞かれました。

最近自分の中ではまっていることが

おしゃれな店巡りです。

 

おしゃれなお店に行くと、なぜか自分もおしゃれになっているような気がします。

 

それでは本題に入りましょう

本日のお題は

 

模試についてのエピソード

です!

 

自分は受験生時代、模試がとてつもなく嫌いでした。

なぜかというと、模試のあの雰囲気も嫌いでしたし、模試を受ける前も緊張しましたし、

とにかく模試が鬱でした。

 

しかし、模試は受けないといけないものです。

そんな模試に打ち勝つために自分がよく考えていたことを紹介します。

 

一つ目は受験本番のことを考える。

皆さん受験本番のことを考えてみてください。

おそらく今まで感じたことないくらいの緊張感に襲われることでしょう。

 

それに比べれば模試ごときで緊張している場合ではないと考えることができると思います。

そして受験本番の雰囲気に慣れるためにまずは、模試の雰囲気に慣れていこうとも考えることができることでしょう。

 

2つ目は点数をあまり気にしすぎない。

もちろん、点数はとても大事です。結局合否を判断する材料は点数なので点数は気にすることは重要です。

しかし模試で点数を気しすぎる必要もないと思います。

 

そもそも模試を受ける意義は、

今の自分の立ち位置や、自分の弱点を知って、それをもとに今後の勉強方針を立てることです。

なので模試を受けて、点数が悪くてもそれらを知ることができて、その後の計画を立てて、それを実行することができたらそれで十分なのです。

だからこそ、過剰に点数を気にする必要はありません。

そんな考え方をしてました!

今日はここまで!

明日のブログは小谷担任助手です!

最近あった嬉しいことを聞いてみましょう!

 

明日もお楽しみに!