4月1日 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2020年 4月 1日 4月1日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

柴田と申します。

今回が最後か怪しいので、

最後のつもりで書こうかと思ってます。

 

ところで

今日はなんの日でしょうか?

そうです。

4/1の今日は

年度が変わり

新学期が始まる

いわゆるスタートの日となります。

新しい生活がはじまる節目となるでしょう。

また、エイプリルフールという

一年で一度だけの嘘をついていい日と

いうことになっており、

世界中で嘘をつき遊ぶ人たちが

大量に出現する変な日です。

 

 

 

というわけで、

本日はこの日にちに

絡めて書いていこうと思います。

 

こんなことをいちいち書いているのも

自分の中でブログとは

「社会に合わせて今の自分を表現」

するものだと考えているからです。

是非その前提の上で

最後まで読んでいただければ幸いです。

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが、

そんなこんなで4/1です。

今世界中は某ウイルスで、

大変なことになっていますね。

かくいう僕もかかって大変でした。

嘘です。

エイプリルフールの楽しみ方は

こんな感じでしょうか。

何が楽しいのかいまいち分かりません。

そんなことは関係なく

新学期は始まっていきます。

ここで一つ質問です。

皆さん

切り替えられましたか?

新年度に向けて

何かやることを見つけられましたか?

こんなことを

言うのは癪かもしれませんが、

普通の人は

なかなか行動に移せないものです。

かの有名な哲学者も

言うほどですから

その性格は相当なものでしょう。

 

 

ですが、

先程述べた通り

新学期は訪れます。

時間の流れは残酷なものです。

某バンドマンも口煩く言っています。

「努力は報われる」

なんてかっこいいことは言えません。

いや、エイプリルフールなら言えるかも

 

 

そんなこと言わなくても

真っ当かつ明確なことがひとつ。

「続けなければわからない」

これに尽きると思います。

 

 

何を語ろうと

何を証明しようと

何を正当化しようと

全て正義です。

正義VS正義は

キリがありません。

 

 

言えることは

「信じてるもの全てが正しい」

だと思ってます。

 

 

なかなか

訳の分からんことを

つらつらと書いてきましたが

続けてることはすごい

これは自分が信じてることです。

 

 

そうであるならば、

続けるために

何が必要か

何が大事となるのか

 

それは

核です

ずばり

その人の思い

だと考えるようになりました。

 

僕は

中学高校時代

これは揺るぎないもの

つまり

一生変わらないものだと思っていました。

変わってはいけないもの

譲れないところ

そう考えていたからです。

 

 

ただ、

大学でに入り

様々な経験をして

様々な人と出会い

様々な価値観に触れる中で

揺れ動き

考え方も変わりました。

今ではその全てが大切だと

かけがえのないものだったと思います。

 

今は

気持ちは

目指すものは

変わっていいものなのだと

自信を持って言えます。

というかそっちが自然です。

 

 

 

話がだいぶ飛んで

何を話してるのか分からなくなってきた

頃合でしょう。

ここでまとめると

 

 

変化は大切

ならば、

その変化の「きっかけ」

を大事にして欲しい

そういうことです。

 

 

 

多分

何が正解とかないと思います。

自分がそれを大切にできるかどうか

それを貫けるかどうか

そこら辺が大事です。

 

 

 

 

というわけで、

変化を待っている皆さん

この4/1を

「きっかけ」

大事にしてみたらどうでしょうか。

どう表現するかは

自由です。

何を始めても

正解です。

はじめは誰でも

初心者です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで

つらつらと説教臭いことを

書いてきましたが、

全部本心ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘です。

 

 

一部は本心で

もう一部は本心ではありません。

 

 

 

 

 

これが

世の中で

今日(こんにち)流行っている

エイプリルフールというやつです。

 

 

ここでひとつ。

この

「嘘」

というものに

フォーカスしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

哲学的な話を

期待している人達

残念でした。

哲学には興味がありません。

何が面白くて

論証を繰り返しているのか

理解できません。

 

 

 

ここで質問。

これは本心でしょうか?

みんな興味無さそうで

ブラウザを閉じそうなので

結論をさっさと言うと

「半分」です。

 

 

 

 

 

皆さんは

特に某予備校

(その他なんでもいいですが)

に通っている方々は

宗教のように

ある人達の事を

信用しています。

 

ですが、

その根拠はなんですか?

(聞き方は違いますが)

尋ねると

ほとんどが答えることが

出来ません。

それが間違いとは思いません。

自分も大学に入って

初めて考えたことですし

それ以前は

優先順位が低いものでした。

 

 

 

しかし、

いまの世の中

それが

求められると思いませんか?

例えば

どの大学はどういう評判がある

あのウイルスはどういう症状になる

n年後人生で○○は大事となってくる

 

といった具合に

いつの時代も

恐らくこういう事は

あったと思います。

今は

何にでも

素早く広く情報が手に入る時代です。

 

 

どの情報が

「嘘」である

かなんて考えた事ありますか?

 

僕は無いです。

書いている今はちょっと実践しようかな

何で考えているくらいです。

 

 

多分そういうことを考えている人が

時代を作っていくんだろうなア

そんなこと思います。

 

 

 

まとめると

今何をしたいですか?

それはどうして決まりましたか?

ということです。

 

 

誰かに否定されて

馬鹿にされて

やめるくらいなら

多分やりたいことではありません。

 

 

死んでも

続けてみたい

貫きたい

やり抜きたい

そう思えるものが

真にやりたいことだと思います。

 

 

 

 

 

そろそろ眠いと思うので

結論に入ります。

先に言っておくと

今まで書いてきたのは

全部嘘です。

本心かどうかは

読んで

心に問いかけてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は教育に興味があります。

色々悩んだ末

教師になるつもりです。

 

 

正しいかなんて

誰にもわかりません。

わかられたくもないです。

 

 

けど、

今考えていることを

もっと早くから

考えていられたらなア

と思います。

これだけは言えます。

 

 

だから

それを伝えることを

していきたいと思います。

 

長くなりましたが

言いたいことは

よく分かりません。

自分で読んで

勝手に吸収してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日の更新は

下山担任助手です。

きっとフレッシュな気持ちで

いいことを語ってくれることでしょう。

お楽しみに〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事