小さいことを積み上げる! | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 4月 4日 小さいことを積み上げる!

 

昨日全国高校野球

センバツ大会で

甲子園に出場し、

準優勝した習志野高校が

母校の滝澤です。

 

ちょっと自己紹介が

長くなりましたが、

本当に誇れる母校です。

 

さて、、、

 

今日はそんな高校野球と関連付けて

「小さいことを積み上げる」

について

話そうと思います。

 

東進に入学したから受かるとか

あるいは、

受講たくさんしたから受かるとか、

受験はそんなあまいものじゃないことは

いうまでもないはずですが、

これを強く実感している生徒は

明らかに少ないように感じます。

 

3月に6回ほど開催された

合格報告会に参加した生徒も

いると思いますが、

その時に書いてもらった

アンケートすべてに目を通しました。

 

たかがアンケートかもしれないが、

そこでも明らかに意識の差が

でています。

 

 

メモの量がよかったり、

自己分析していたりと

アンケートの質が良かったと思う生徒は

プレ模試の点数も比較的よかったり、

校舎にいるときの様子も、

意識の低い生徒より

表情や目つき、態度や雰囲気など

圧倒的な違いを感じます。

 

質問してくるレベルも各段に違いますし

我々スタッフの指導方針も

まったく違います。

 

そうした小さいことを積み重ねて

いかないと大きなことって

成し遂げられないです。

 

たかが合格報告会、

されど合格報告会。

 

自分も今まで部活をやってきて、

(高校では高2の11月でやめました。詳しくは滝澤まで)

特に優秀な選手が集まる習志野高校で

感じてきましたが、

日々のトレーニングで何を意識して

どう改善していくのかを考えて

試行錯誤していくこと、

そしてまたトレーニング。

そうした生活の中から、

小さいことの積み重ねが

もっとも大切なことだと

感じました。

 

成長するのに特効薬なんて

存在しないです。

だからこそ時間がかかるし

大変な労力を有します。

 

習志野の野球を見ていても

ほぼ休みがない中

夜遅い時間までトレーニングして、

また次の日を迎える。

他の部活もそうですし、

もう一度言いますが

小さいことをコツコツ

積み上げいていくことが

本当に大切です。

 

受験生は人生を変える

大事な時期に差し掛かっているのに

まだまだぬるい生徒が目に映ります。

廊下で長話してるとか論外です。

 

意識が変われば習慣が変わり

習慣が変われば人格が変わり

人格が変われば結果が変わり

結果が変われば運命が変わります。

 

ひたむきに頑張ってください!!!

 

明日は広島から帰ってきた本田担任助手です!