大学と高校の違い | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 9月 27日 大学と高校の違い

 

皆さんこんにちは

1年担任助手の

片岡俊人です! 

2ヶ月にも及ぶ

長い夏休みが終わり

 大学生活も半年が経とうとしています。

そんな今回のブログでは

僕が大学の半年間で感じた

高校との違いを上げてみたいと思います

高校から大学に上がったばかりの

僕からの視点でお話します!

①お友達②自由な時間③志の差

今回はこの3つを中心にお話します!

まず①のお友達についてです。

高校と何が違うかというと、

お友達は自分から探して

積極的なアプローチを

しないと、なかなかできません!

高校ではクラスとして行事をしたりして

必然的に仲良くなりますが

大学では行事などがないので

積極的に行かないと、

仲の良い友だちと呼べるものはできません。

次に②の自由な時間の違いです。

これは文系でもトップクラスで授業の少ない

僕は特に感じていることです。

一日に何時間も暇な時間がある中で

学校の課題やTOEICの勉強を

できる人とそうでない人は極端に分かれます。

それが4年間続いたらとても大きな差になるでしょう。

最後に③の志の差です

これは②とも関係のある話ですね。

大学生は時間が多いし、

長期休業もとても長いです

さらに何かをするための休学という選択肢もあります

③の話は大学という長いスパンで考えて

なにか自分のやりたいことを

1つでも2つでもできるかということです。

僕も留学などやりたいことはいくつかあるので

遊びながらもやることをやれたらなと思ってます!

まとめると高校との違いは

主体性ですね

みなさんも大学でやりたいことを

想像しながら受験勉強頑張ってください!