受験勉強を楽しもう | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2020年 6月 10日 受験勉強を楽しもう

3年担任の本田です。

今回自分が書く内容は

「受験勉強を楽しもう」ということです。

先日大学の異文化理解に関する授業で

とあるディスカッションをしました。

その内容は

「テレビに見られる自文化主義的なもの」でした。

 

一回皆さんも考えてみましょうか

 

 

 

 

はて

そのディスカッションで面白いなと感じた

ものがあったのでここで共有します。

貧しい国の人は毎日こんな生活を虐げられている!

といった内容の番組を見たことはありませんか?

そんなときにみなさんはどんな感情を抱きますか?

多くの方が

「かわいそう」という感情を抱くかと思われます。

しかし

かわいそうと思う感情の背景には

自分が日本人であり、インフラが整っていて

不自由なく暮らしている

という自分の生活スタイルと

無意識に比較し

フィルターを通して

その国の生活を見るため

かわいそうという感情が生まれています。

では本当にテレビで取り上げられているような

地域の人は自分たちをかわいそうと

思っているのでしょうか。

もちろん本当に毎日がつらく

どうしようもないと感じている人はいると

思いますが

ただ一方で自分たちの生活は

先祖代々引き継がれたもので

疑問に思ったこともないという人も

いると思います。

そのような人に対して

かわいそうという感情を抱くのは自文化中心的な

考え方といえます。

といった内容だったのですが

みなさんはどう思いましたか?

 

ふーんで終わるか

おもしろいと思って読んでくれたかは

人次第だと思います。

 

ただ一つ現代文を読むにせよ

英文を読むにせよ

問題をただ解くために読むのではなく

その内容自体に

自分が興味を持つことはとても重要です。

それは文章の理解度を上げるだけでなく

今後の教養としても

頭に残ります。

今回自分が伝えたい

受験を楽しめというのは

何をするにしても

興味をもって何かに取り組めば

得られる結果がかわりますよと

いった内容でした。

普段からこのことを意識して

行動してみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<img src=”https://www.toshin-kitanarashino.com/wordpress/wp-content/uploads/b33efb82dd41fe89a610e0608a482ab5.jpg” alt=”” width=”1507″ height=”843″ class=”aligncenter size-full wp-im