入試問題の裏側 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2020年 1月 10日 入試問題の裏側


みなさんこんにちは!

1年担任助手の片岡俊人です!

傘ってすぐなくなりますよね

先日はラーメン屋さんにおき忘れ、

次の日に別の傘を一瞬で盗まれました。

忘れることに関しては

降ったりやんだりするのが悪いです

盗まれたことに関しては

大学構内治安悪すぎです。

また、大学では毎時間傘を別の教室にもって行くので

大学生全員、確実に一日のどっかで

どこかしらに置き忘れます。

そんな大学という舞台に

一歩また一歩と近づいている皆さんですが

今日は最近僕が聞いて、へ~と思った

入試に関する話を一つします。

はっきり言って今日の話は

ためにならなければ

モチベーションも上がりません

息抜きです!!

入試には関係する話です。

自分が受けている授業の教授が

国語の入試に使われるくらいの

本を書く教授なんですど、

自分の本から抜粋された

文章が使われるとき、

必ず完成した問題が

本の著者に届くらしいのです。

そこでの問題の答えは

自分が思ってるものと

全然違うことがあるそうです!!

例えば、、

⑴波線部の「そこ」が指すものを答えろ

てな問題でも、自分が指してたのとは

違うものが答えになっている、

なんてことが平気で起こるそうです!

さらに、、

⑸次の①〜④のなかで筆者の考えに合っているものを一つ選びなさい

なんて問題は定番ですよね

そこでも

①、あ〜これは全然ちがうよ

②、うーん、こんなことが言いたい訳ではない

③、いや〜ちょっと違うなあ

④、あれ、これも少し違うぞ

なんてこともあるらしいです!

「筆者が言いたいこと」とか言ってるのに

本当の筆者が言いたいことは選択肢にないのです。

なんてずさんなんでしょうか

入試の答えは③でも、本当の筆者が言いたいのは④の方が近い

なんてことも起こり得ります

ガバガバですね。

しかし、これが日本の入試の現実です

予備校が出す解答速報なども、しょっちゅう予備校ごとに割れます。

受験のプロが時間をかけて解いても

別の答えを選ぶのです。

こういった問題は悪問と言わざるを得ません。

しかし、どんなに嘆いても

みなさんは、こんな入試を突破して合格を掴みとらなければいけません。

基本的にはこういった問題に対しては

どうしようもないですが、

現代文に関して言うと

「筆者が言いたいこと」

よりも

「問題作成者が何を答えさせたいか」

ということを意識することが大切だと思います。

そのためにはやはり過去問演習が大切ということになりますね。

こんなどうしようもない部分も含んでいるのが入試です。

合格の可能性についても100%も0%もありません。

本番解き終わるまで分からないのです。

受からないだろうと言われていた人が受かったり、

受かると言われてた人が受からなかったことは

実際にありました。

毎年あることです。

最後まで1%でも可能性を高められるように

全力を尽くしましょう!!

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事