勝算 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 2月 17日 勝算

 

毎回メンタル面での

話をテーマに書いています。

滝澤です。

 

私大の入試が

後半戦を迎え、

国立の試験が

やってきます。

 

私大がまだある生徒、

国立を控えている生徒、

準備は大丈夫ですか?

 

私大の合否が発表されて

いく中で、モチベーションの

浮き沈みは、少なからず

あると思います。

 

だけど、発表の時は

一喜一憂していても、

必ず気持ちを切り替えて

次の試験に向けて

準備をして下さい。

 

さて、本題に入りましょう。

タイトルに書きましたが

「勝算」

について話していきます。

 

物事を決めるときは

判断がつきものです。

受験勉強でも

自分がどのようなプランで

勉強していくのか、

おそらく多くの人が

ゴールから逆算して

計画を立てているでしょう。

 

「こうやって勉強していこう」と

決めるときに

必ず、いくつかの選択肢が

あったはずです。

 

勉強していく中で

常に選択に迫られる

ことが多かったと

思いますが、

本気で自分と向き合って

選んだ道で、最高の結果を

出したいですよね。

 

もう試験の合格している人も

いると思いますが、

まだ試験が残っている人は、

自分の学力と受験校との

ギャップを理解し、

残り少ない時間で

勝つための選択肢を

選んでください。

 

試験の合否で

まだ受験が

終わっていない人は

結果で一喜一憂

している場合ではないです。

もちろん、うれしい、くやしい

という気持ちは非常に

わかりますが、

必ず気持ちを切り替え

次の準備をしてほしいです。

 

みんなは努力を

してきたからこそ

つらい思いを経験するわけです。

もう「無理」と思ったときに、

踏ん張れるか、

踏ん張れないか。

 

志望校への強い気持ちと

高いモチベーションを

持っていれば、

絶対に折れることは

ないでしょう。

 

絶対にメンタルだけは

負けてほしくないです。

 

 

もう過去には戻れせんし、

受験生活の中で、

今まで勉強してきたことが

すべてです。

 

徹底して現実と向き合い

圧倒的な情熱と

メンタルを持って

残りの受験生活を

最高のものにしてください。

 

 

<オマケ>

 

前回はセロトニンについて

書きましたが、

今回はドーパミンについて

書こうと思います。

 

ドーパミンって聞いて

あーわかるっていう人も

いるのではないでしょうか?

わかりませんが、

ドーパミンの作用は

多数存在しますが

特に、モチベーション

に深く関係する

神経伝達物質です。

 

この物質は脳内で

重要な報酬系の神経系で、 

報酬が予測されたときに

脳内でドーパミンが

増加します。

脳は、いいことであれ

悪いことであれ、

重要なことが起こり

そうなとき、その行動を

するためのやる気を

出します。

そうすれば、いろんな課題に

対してモチベーションが

上がります。

受験においても

合格を勝ち取るために

重要な物質になるでしょう。

 

明日は本田担任助手です。