センター試験の前に | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 12月 24日 センター試験の前に

こんにちは!

1年担任助手の高橋です。

 

この前友達が前を歩いてたので、

驚かせようと思って後ろからペットボトルで

思いっきりたたいたら、

全っぜん知らない人で、危うく恥ずか死ぬところでした。

 

知らない人を後ろから殴りつけるのはやめた方がいいと思いました。

 

さて、センター試験まで1ヶ月を切っていよいよ受験が近づいてきたので、

センター前までに意識しておいた方がいいことを伝えたいと思います。

 

① いつからセンター試験対策を始めるかを考える

 

これは人によってかなり違うと思います。

自分がどのくらいセンター試験に

命をかけるかによっても違うし、

12月の模試の結果によっても変わってくると思います。

 

僕はセンター試験をおみくじの一種だと思っていたので、

5日前から対策しました(^^)

 

早くから対策するにしても遅くからするにしても、

はやめに具体的な日にちを決めておいて、

あとどのくらいの時間二次私大の演習に

当てられるのか逆算して考えて

スケジュールを立てておいた方がいいと思います。

 

② センター試験本番までにやるべきことをリスト化する

センターまでにつぶしておきたい苦手や、

やっておきたいことを全部書き出して、

それを達成した都度消していくことをオススメします。

いざセンター間近になってやりそびれた所が見つかったりすると、

めちゃめちゃ不安になるし、

余計に緊張してしまうはめになります。

スケジュールをしっかり立てるためにも、

やるべきことを書き出しておきましょう。

 

③ よいことをする

受験を成功させるために、神を味方につけることは必須です。

そのためには少しでもよいことをして、

徳を積んでおく必要があります。

どんなに勉強で疲れていたとしても、

人を思いやる気持ちだけは

忘れてはいけません。

人に優しくすることで、見えなかったものが見えてきたり、

心に余裕を持つこともできるようになります。

どうしてもイライラしてしまうことがあったら、

宇宙を想像すると

自分はなんてちっぽけな存在なんだ」

と思い出すことができて落ち着きます。

堂々と心に余裕を持った人にこそ、

幸せは訪れるはずです。

 

一日一善をこころがけましょう。

 

ラストスパートやりきって!!

 

明日は滝澤担任助手です!

お楽しみに

 

 

 

   

 

 

 

 

過去の記事