スケジューリング | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2019年 7月 14日 スケジューリング

 

夏が来ましたね!

担任助手の高橋です!

 

今回夏休み前に伝えておきたいのが

夏休み中のスケジュール作りです!

低学年も受験生も周りと差がつく季節です

いい意味でも悪い意味でも。

そこで絶対に夏休み中にスケジュールを自分なりに作ること!

皆さんは自分の好きなことの予定を立てるは好きですよね!

部活の大会の日程を確認したり

家でぼーっとしていたり

好きな子と花火大会に行ったりと

いろいろな予定が立っていると思いますが

勉強の予定もしっかりと書いてください。

予定を立てるうえで必要なことは以下の5つ!

 

 

①カレンダーを用意する

②最終目標を立てる

③やることを一覧にする

④ラップ(細かい目標点)を設ける

⑤前日・当日・翌日の予定を確認

 

 

①カレンダーを用意する

カレンダーは

持ち運びできるもの+絶対に捨てないもの

なら携帯でも手帳でもただの紙でも何でもOK

 

②最終目標を立てる

自分が夏休み終わった時にどうなっていたいかを

字恥ずかしがらずに書くこと!

勉強の面でも志望校の面でも

目標がないと予定は書けません!

 

③やることを一覧にする

②で立てた目標を達成するために

自分に何が必要かを一覧にしていきます

自分一人ではわからなかったら

友達でも先生でも担任助手でも頼ってみてください

ここで意識することは

予定をすべて終えた=目標達成

となるように完璧に予定を立てること!

 

④ラップ(細かい目標点)を設ける

③書いた一覧を今度は1週間ごとに分けていきます

長期で予定を立てると実感がわかないため

日本人が意識しやすい1週間ごとに落とし込むことがポイントです

 

⑤前日・当日・翌日の予定を確認

1週間ごとの目標が決まったら次はその予定を達成するために

1日ごとの予定を立てます

ただ高校生は予定の変動が激しいため決めるのは

次の日の予定だけ。

まず前日の予定を実績を確認。

そこから計算して当日の予定をこなし

終わったら次の日の予定を立てること。

 

以上の5つの方法をこなせれば夏休みを謳歌できる予定を立てられるはず!

明日は名前が同じ髙橋担任助手です!

お楽しみに!

 

 

過去の記事