キセキ | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2020年 2月 9日 キセキ

こんにちは。

最近長野へ行ってきた

柴田です。

一昨日帰ってきて

千葉がとても寒く

長野が暖かいと錯覚しました。

 

 

 

そんなことはさておき

一般受験がスタートして

合否判定も出始めて

ドキドキワクワクの毎日を

お過ごしかと思います。

昨日の重永さんは

「未来の自分をイメージ」

という方法で乗り越えると

書いていましたが、

自分は

より旧式の

「奇跡を信じる」

というものを

ご紹介致します。

紹介とは言っても

とってもかんたんです。

【前日の夜までもがく】

これだけです!

(何いってんだコイツ・・・)

そう思ったあなた

思いながらも

藁にもすがる思いで

このブログを読んでくれていると

思うので

ちゃんと説明します。

 

 

 

まず、

本番を経験し始めた

受験生たちのみなさんは

これまで味わったことのない

プレッシャーと戦っているはずです。

それを知り

本番の感じも理解し

今が一番伸びる時期だと

思いませんか?

知識は基本的に

蓄積されていきます。

少なくとも

センターを受ける前より

頭良くなってると思いますよ。

 

 

 

そして、

本番は何が起きるかわかりません。

第一志望本番当日。

ある地域で

新型ウイルスが流行って

受験者数がめちゃめちゃ

減るかもしれません。

隕石が落ちないとも限りません。

翌日に見た問題が

そっくりそのまま

試験に出るかもしれません。

(実体験あり)

 

 

 

 

ここまで

可能性の話にすぎませんが、

信じていなければ

あなたのもとには起きません。

奇跡は

起きるものではなく

引き寄せるものでもなく

そこにあることに

気づくものです。

 

 

最後まで

奇跡なんか信じて

頑張ってください。

 

 

 

明日のブログは

下山さんです。

何を語ってくれるのでしょうか??

お楽しみに~

 

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事