まわりとおなじ | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2020年 9月 26日 まわりとおなじ

みなさんこんにちは!

担任助手2年のです。

前田担任助手に夏休み何をしたのか

聞かれましたが、

この夏はあまり何かをやったというわけでは

ありません…泣

そもそも、僕の大学の夏休みが短く

20日程度しかありませんでした。

 

と書きましたが、

たぶんみなさんもそれくらいですよね…

ごめんなさい。

しかし、僕の薬学部は他の学部に比べて

半分も夏休みがなかったです。

その代わり、冬が長いのでそこで

楽しみたいと思っています!

(コロナも収まっているといいですね)

 

はい、前置きはこの辺にしておきます笑

さて今日のテーマは…

①進級式

 

高1・高2生の皆さんは

進級式まであと一週間ですね。

あ、一応日程を再確認しておきますが

10/2(金) 20:30-

地下自習室にて行います。

必ず出席してください。

で、この進級式というのが

学年の切り替わりになるというわけです。

高1の人は、高2に

高2の人はとうとう受験生になります。

ここで、こう思う人はいませんか??

 

なんで、こんな10月に

学年が上がってしまうの??と。

 

②何で10月に進級??

 

ずばりお答えしましょう。

今日のテーマにもあるように

「他の受験生と同じ時間の

流れ方をしていたら

その時点で試合終了」

だからです。

今、君は受験生という名の

マラソンランナーとして

走り出してます。

しかし、このマラソンは

スタートの合図は鳴らされていません。

いつに始めてもいいんです。

もしかしたら君の仲のいいあいつは

既に4分の1走りきっているかもしれないし、

君の嫌いなあいつは

まだスタート地点にいるかもしれない。

受験ってそんなもんです。

結局、今周りの人と同じように勉強していたら

どうなるか分かりますか??

ゴール地点で「集団」

なっているわけです。

さあ、その集団を出し抜いて

一位、つまり合格を勝ち取るためには

どうすればいいですか??

簡単です。周りよりも

努力=勉強量を

増やせばいいのです。

 

だから僕たちスタッフは

みなさんに口うるさくいってます。

「今日もう一コマ受講できるよね?」

「マスター一週間で終わらせようね」

全ては周りを出し抜くための助け船です。

 

聞いてください。実行してください。

この助け船に乗って

努力をし続ければ

必ず受かります。


今、人と同じくらいの勉強&人より勉強していないなと思った君へ。

 

必ずしも周りの同調圧力に

従う必要はありません。

なぜなら、君の受験だし、君の人生だから。

人がこうだから、周りが勉強していないからなど

一切関係ない。

自分の信念を持って人より努力してください。


④今頑張っているなと思った君へ。

 

そう思えることはすごい。

ただし、一つだけ厳しいこと言います。

背後にぴったしランナーをつけられたら

そこで終わりです。

今、勉強をあまりしていないなという人が

この1年のレースでメキメキ力をつけてきます。

だからこそ負けないで逃げ切って欲しいです。


 

高1、高2生の諸君、

いや高2、受験生の諸君。

目一杯人より努力しよう。

彼は、最近ある資格を取ろうと頑張っています。

何を目指しているのでしょうか…?

お楽しみに!!!