「これまで」と「これから」の違いは? | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2020年 8月 31日 「これまで」と「これから」の違いは?

こんにちは!

担任助手2年の寺尾です

前回、土屋担任助手から

重永担任助手と仲良くなった理由について聞かれましたが

なんかのきっかけで「蒙古タンメン」について意気投合して

語り合ったのがきっかけです

もし、蒙古タンメン好きなら語り合いましょう!

また今回は

笑顔の秘訣について聞かれましたが

それはやはり

心の底から楽しむことだと思います

 

自分は笑顔を作るのが苦手で

写真でどうしても上手く笑えなくて大変ですが

自分にとって楽しいことをしてるときは

自然と笑えてる気がします

なので、常に楽しもうとすれば

ずっと笑顔でいられると思います

 

さて、今回のテーマは

夏休み後の勉強ですが

まず、夏休みまでの勉強との違いは何かについて考える必要があります

 

今まで受講・問題集・過去問演習がメインでしたが

これらは多くの人が共通して行う勉強が多く

あくまでも土台を作ることが目的でした

 

なので、他との差が出てくる原因となるのは

勉強量の絶対量です

どれだけ勉強時間を確保できていたか、

効率性はどうか、などの要素が影響します

 

しかし、これからの勉強の目的は

大学ごとの答案作成力を身につけることです

 

これまでやってきた年度別演習は

問題形式・傾向・範囲などはすべて共通で

全ての人が広く浅く対策してきました

 

しかし、一般試験の問題になると

それらは大学ごとに千差万別です

また全ての範囲を深く細かく対策するのは

圧倒的に時間が足りないので、ほぼ不可能です

なので自分が受ける大学に合わせた対策が必要です

つまり、夏休み後の勉強で大切なのは

何をやったか、大学に特化した対策をしたかです

 

なので、これまでと同様に何となく対策していても

全く二次私大レベルの問題は解けませんし

点数も伸びません

 

今後の勉強は

常に何をやるべきか、それをやる意味は何か

について考えてください

 

明日のブログは担任助手ですが

もうクリスマスで欲しいもの」を決めてるそうなので

何が欲しいのか聞いてみましょう!

お楽しみに!

 

最新記事一覧

過去の記事