12月 | 2020 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ 2020年12月の記事一覧

2020年 12月 16日 君はもう受験生!!

みなさん

こんにちは!!

担任助手3年の

本田(兄)です。

 

林担任助手から

「今年一番悲しかったこと」

というパスをもらいました。

悲しい・・・

んー

3月に大学の関係で

仲良くなった友人と

旅行の計画をした3日後

アメリカの国境封鎖が決まって

友人が緊急帰国してしまったことですかね。

これはしょうがない・・・

しょうが無いけどやるせない

そんな気持ちになりました。

 

さて

本日は

「共通テスト同日模試」についてでしたね。

入塾にあたって

共通テスト同日模試が

いかに重要かというのを

データをもってみなさんは

知っていると思います。

しかし

受験生と自信を持って言えるほど

みなさんは今頑張れていますか??

自信をもって

「自分は受験生だ」

言い切れない人は

私が高校2年生の時に

センター同日まで

意識していたことを

参考にしてみましょう

 

①マスターを復習する

受験は基礎で始まり

基礎で終わります。

それくらい大切な基礎を

改めて復習をしていくことは

共通テスト同日までの

最低条件と言えると思います。

単語熟語文法

そして

上級単語まで

手が出せるといいかなと思います。

まだ合格していない

新規入学者の生徒のみんなは

「高速」で習得しましょう。

 

②千題テストで好成績を取る

年末に「千題テスト」と呼ばれる

イベントがあるのはもうご存じですかね?

受験生がメインのイベントではあるのですが

高校1・2年生が争う

低学年部門もあります。

上位入賞者には

景品も授与される

本イベントには

とあるジンクスが存在します。

それは

「入賞者は受験で勝つ」

というものです。

なんだか燃えませんか??

千題テストの問題は

高校3年生でつまずく

英文法の良問などが

たくさん詰まっています。

千題テスト後の復習も忘れずに

頑張りましょう。

 

③元旦も勉強する

まだ高校2年生だから・・・

お正月くらいは・・・

そんな気持ちでお正月を

過ごそうとしている人はいませんか??

もちろん家族で帰省したり

旅行する人もいるかもしれません。

ただ忘れてはいけないのは

全国のライバルは

その間も勉強しているということです。

楽しむときは楽しんで

隙間時間は勉強するなど

メリハリをつけてみましょう。

逆に年末と正月なにもすることが無い人!

勉強しましょう。

私も高校2年生の元旦に登校して

朝から晩まで勉強していました。

その当時の校舎長に登校を

褒めてもらったことは今でも

うれしかった思い出です。

今年の北習志野校の

元旦の勤務者もきっと

みんなをほめてくれるはずです。

みんなが休んでいる間に

差をつけようとするその姿勢が

自分の自信にもつながると

私は思います。

上記の3つのことを

意識して同日まで勉強に励めば

受験生活最高のスタートダッシュ

できるのではないでしょうか。

明日は

本田菜々子担任助手です。

彼女は受験期に大切にしていた

言葉はあるのでしょうか。

ちなみに私は

Be quick but don’t hurry

です!!

意味は自分で調べてみましょう。

とっても素敵な言葉です。

 

 

 

 

 

2020年 12月 15日 これからの自信につなげようっ!

 

皆さんこんにちは!

担任助手一年のです

 

いや~最近本当に寒くなってきましたね

最近の悩みは寒すぎて布団から出られないことです!!

なんだかんだ言ってすぐ出るんですけど

何かいい方法知ってる人いないですかね~笑

 

そんな私に寺尾担任助手から

今年やり残したことはあるのか

という質問を受けましたが

 

それはなんといっても

もう少し大学生をしたかった!!!

ことですかね、、、

 

どういうことかというと

このコロナという状況もあり

入学してから8か月たちますが

あまり学校に行けていません、、

せっかく友達ができても

旅行などには行けなかったり

少し出かけるのを控えなきゃいけなかったりと

憧れていた大学生活とは少し離れてしまいました

 

まあ、授業が家で受けられるのも

それはそれで

良いところがたくさんあるんですけどね!!!

 

来年大学生になる皆さんは

少しでも状況が

良くなってればいいなと思います!!

 

 

 

さて、本題に移っていきますが

今回のブログのテーマは

同日試験に向けて」です!!

高校1,2年生の人たちに向けての

テーマですね!!

 

今までの担任助手の人たちが

同日試験での失敗談をもとに

アドバイスなどをしてくれていましたね

 

 

私も何かアドバイスがあるかな

 

 

 

そう考えましたが

何も思いつきませんでした

 

 

 

なぜかというと

実は私は同日試験を受けていません

 

 

 

用事があって受けられなかった

などではありません

 

 

 

ただただその時期に勉強のやる気がなかったのです

 

 

 

そんな私から皆さんに伝えたいことは

この時期からしっかり勉強を始めている自分に

自信を持ってほしいということです

もちろん、これは今

新受験生として自分は頑張れている

という人に限ります

 

 

私が本気で受験勉強を始めたのは

高2の3月です

きっと受験する人の中には

そのような人もいるでしょう

 

 

しかし皆さんは今

同日試験という

一年前の模試に向かって

一生懸命勉強していると思います

 

 

東進に通っていると

同じく頑張っている仲間がたくさんいて

今の状況を当たり前に感じているかもしれません

 

 

しかし、少しの遊びや眠気を我慢して

勉強に励んでいることは

決してすべての低学年が

できていることではありません

 

 

なので今の自分のがんばりに自信をもって

同日試験に臨んでほしいなと思います

 

 

 

仮に同日で点数が取れなかったとしても

同日まで取り組んできた皆さんの頑張りは

絶対にあとから生きてきます

 

 

 

あともう10分、20分だけでも

多く勉強して自分はここまで頑張ったんだと

胸を張って言える状態で

同日試験に臨めるようにしましょう!!

 

 

 

そこまでのサポートを

しっかりしていきたいと思います!!

いつでも声をかけてください!!

 

 

 

今日のブログはここまでです

読んでくれてありがとうございました!!!

明日のブログは本田晃士担任助手です!!

今年一年で最もつらかったことは何か聞いてみましょう!!

気になりますね!!

 

2020年 12月 14日 何をどうやって伸ばす?

こんにちは

担任助手2年の寺尾です。

 

昨日土屋担任助手から

えげつない自慢話」について

聞かれましたが、

 

最近あった自慢といえば

ずばり、「PS5の抽選販売に当選したこと」です!

 

つい1ヶ月前にPS5が発売されたのは知ってましたか?

この抽選販売はとても倍率が高くて

大体の人は外れてしまいます。

ちなみに、その倍率はおよそ100倍だったらしいです。

 

たまたま運良く当たりましたが、

正直めちゃくちゃ嬉しいです(笑)

 

皆さんの大学受験の倍率も高いですが

運頼みではなく、実力でもぎ取ってください!

 

 

さて、今回のテーマは

同日体験に向けてです!

 

 

あと一ヶ月と少ししか時間が残っていませんが、

皆さんはこの1ヶ月で何が出来るか考えていますか?

 

低学年のみなさんはもちろん、

受験生はなおさらこの期間で何ができるかをよく考えた上で

具体的に何をしていくかを決める必要かあります。

 

 

この際に必要なことは

 

今の現在地

目標の設定

目標に達するためにやるべきこと

 

の3つを把握することです。

 

 

まず①に関しては

自分がどのくらいかはわかっていると思いますし、

昨日の12月模試の結果を見ればより詳しくわかると思います。

 

必ず自己採点復習をするようにしましょう。

 

 

次に②に関してですが

共通テストで具体的に何点必要か把握してますか?

 

おそらく、どのくらいのレベルかや、

偏差値はどのくらいか、他の大学と比べてどうかなどは

大体わかっていると思います。

 

しかし、試験本番で必要なことは

実際に何点取れるかです。

 

偏差値は受験者の結果から算出されますし、

特に偏差値がほぼ変わっていなくとも

たった1点の差で合否が左右されます

 

つまり、試験本番で意識しないといけないのは

偏差値などの相対的な数値ではなく

点数はどのくらい必要かの絶対値です。

 

なので、同日体験を受けるにあたって

まずは何点必要かを必ず調べて、

各科目の目標点や取っておきたい点数を把握しておきましょう。

 

 

最後に③についてですが

例えば、英語で20点必要となった場合、

どうしたら伸びるか、

またどこで伸ばせるか

把握していますか?

 

例えばですが、

 

時間が足りなくて点数が低いのであれば

長文に慣れておいて早く読めるようにします。

 

ミスが多くて足りないのであれば

見直ししたり、そもそも解き方を変えてみたりします。

 

このように

同じ20点も色々な伸ばし方があります。

 

自分の①の結果を踏まえて、

具体的にどこを伸ばすか、

どうやって伸ばすか

をよく考えて、

残り1ヶ月の対策をやってみてください。

 

そして、実際の同日体験の結果を踏まえて

今後何をしていくべきかのフィードバックをし、

次につなげる受験勉強をしてください。

 

 

明日は林担任助手ですが

どうやら「今年やり残していること」があるらしいので

聞いてみましょう!

 

明日もお楽しみに!

 

 

2020年 12月 13日 多方から捉えよ

 

まず、更新遅れて申し訳ありません。僕のブログを毎回楽しみにしてくれているコアなファン層の方々もいるので、謝罪から入りましたとさ。それでは参ります。

 

どうもこんにちは?

 

担任助手2

土屋皓平と申します

 

 

自分の下の名前の

 

 

「皓平」という名前は周りに定着しなさすぎて、

 

 

この名前を知っている人は、地球では家族と元担当である小谷担任助手くらいだと思うので、

 

 

 

このブログを呼んで僕の名前を知れたみなさんは「ラッキー」です。この後いいことが起こるでしょう。

 

 

 

さて、私事ではございますが、

12月末に成人します。

 

(何日かは、土屋担任助手に直接聞いてみよう!!)

 

 

 

早いものですね。

仙波くんから抱負を聞かれてしまいました。仕方ないのでお答えしましょう。

 

 

「多くのものをいろいろな見方でとらえ、行動に移す。」

 

 

です。意味わかりませんね。

流石に恥ずか死ぬ気がするので本題に移ります。

 

 

今回のお題は

 

「同日試験に向けて」

 

 

です。

 

 

私の生徒時代の同日試験は

 

自分なりに割と成功したので、割とうまく行くとどんないいところがあるのかを紹介したいと思います。

 

 

①今までやってきたことのが正しいと確認できる

 

私は比較的同日に向けてしっかりマスターも受講も終わらせてきた人間だったので、

 

 

信じてひたすらやってきて、結果が割と出たので

 

 

 

「受講もマスターも絶対有意義なものだ」と高校生ながら確信を持てました。

 

 

逆に、同日までにやりきれなくて点数が取れなければ、

 

「受講もマスターも、担任助手も意味ないんじゃね?」

 

なんていう迷走をしてしまうことだってあります。

 

 

いやですよねこんなの。せっかくこれで受験勉強頑張ろうと決めた

自分やシステムを

 

信じられないと

 

感じ始めたら。

 

 

 

②弱点分析がより明確になる

 

当たり前ですけど、できないことが少ない人ほど

 

本番までに対策すること

は少ないですよね!

 

 

本当に苦手な部分だけに焦点を当てて対策していくことができます。

有利なことに間違いはありません。

 

 

③単純にやったぁ〜

 

 

単純に点数取れたら嬉しいですよね。

 

 

それだけじゃなくて、今決めている志望校に対して

 

 

「モチベが上がり、自信がついてきます。」

 

 

それは単なる気分的なモチベではなく、点数ベースで見た確かな自信です。

 

 

これより確かなものなど合格通知以外ありません。

 

いかがでしたでしょうか?おさらいすると

 

 

 

今までの確かめ

弱点潰しの精度アップ

やったぁ!!(志望校へのモチベUP)

 

 

でしたね。個人的には❸が大きいかなと思います。

 

 

 

皆さんもぜひ、一年前にいい結果を出してあらゆる面から志望校を捉えやすくしてみましょう!!!

 

 

同日については以上です。

 

 

公開授業についてお知らせです!

そして

東進生以外の君にもお知らせです!

12/16,20:00から

武藤一也先生の特別公開授業があります!

英語が苦手な人も得意な人も

必聴の120分です!

興味がある人は

下の公開授業のバナーをクリック!

 

 

冬期特別招待講習も

まだまだ申し込めます

そちらも下のバナーから

お申し込みください!!

 

 

明日のブログは寺尾担任助手です。

 

彼に対して特にいうことはないので、

過去でも最近でもなんでもいいので

 

 

「えげつない自慢話」

 

 

でも聞きましょうかな

皆さんお楽しみに!!

 

 

 

 

 

2020年 12月 12日 量も質も

こんにちは!

担任助手一年の仙波 遼太郎です!

 

昨日のブログで重永さんから

「2020年の思い出」

を聞かれたのでずばりお答えします

 

 

「東進のみんなと過ごした毎日」

です

 

うそつけって思った皆さん

 

割と嘘ではないです

 

多分今年は感染症の影響もあり

大学にもほとんど行ってないし

あんまり出歩けないしで

例年よりも

担任助手のみんなはもちろん

生徒の皆さんと過ごす時間も

長かったのではないかなと思います

その分みんなのことが大好きだし

最後まで頑張ってほしいです

 

なのでみなさん!!

僕が来年

2021年の思い出を

「生徒のみんながやりきったこと」

と言い切れるぐらい

最後までやりきってください!!

きたならの生徒ならできます!

 

では本題に入ります

今回のテーマである

「同日に向けて」

という話をします

 

同日に向けてこだわるべきことは

①努力の量

②努力の質

です

 

①努力量

まずこれは最低条件です

今テストが終わったり

もうすぐ終わるひとが多いですが

ここから早帰りが多くなっていくと思います

ここで自分の限界の勉強量を増やせるかが

同日の点数を決めると言っても

過言ではありません

 

逆にここで100%やりきることは

これからの受験勉強の天井を

突き上げることになります

やるなら今しかありません

 

②努力の質

これで勝負が決まります

 

この時期に陥りがちなこととして

受講を進めることが目的になっていたり

単熟文を完修してそのまま放置したり

本来点をとるためにやっていることが

それをやることが目的に

すり替わってしまうことがあります

 

もちろん

受講はどんどん進めてほしいのですが

確認テストまで完璧にやりきるとか

予習復習を怠らないだとか

やるべきことを積み重ねることを

意識してください

これだけで同日の点数も変わります

細かい点に関しては

自分の担当と計画を立てて

やっていきましょう!

 

明日は共通テスト本番レベル模試です

受験生にとっても1,2年生にとっても

非常に大事な模試になります

受けれる人は当日

受けれない人も後日で

確実に受験しよう!!

みんなで頑張ろうね!!

 

明日はもうすぐ成人する

土屋担任助手です

20歳の抱負を聞いてみましょう!

 

そして

東進生以外の君にもお知らせです!

12/16,20:00から

武藤一也先生の特別公開授業があります!

英語が苦手な人も得意な人も

必聴の120分です!

興味がある人は

下の公開授業のバナーをクリック!

 

冬期特別招待講習も

まだまだ申し込めます

そちらも下のバナーから

お申し込みください!!