5月 | 2019 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ 2019年05月の記事一覧

2019年 5月 31日 受験で一番大切なもの

こんにちは!!

早稲田大学

教育学部

複合文化学科

に通っている1年の森下洋介です。

初めてのブログなので

軽い自己紹介から始めたいと思います!

出身小学校は薬円台小学校

出身中学校は二宮中学校

出身高校は薬園台高校です。

ずっとここら辺をうろちょろしてますね(笑)

小、中、高とずっと

サッカーをやっていました!

英語、国語、日本史の質問なら

答えられるので

どんどん質問しに来てください!

よろしくお願いします!!

 

 

さて、みなさんは受験で一番大切なもの

ってなんだと思いますか?

この答えは人によって変わると思います。

僕は「仲間」だと思います。

「くせぇ〜!」と思ったそこのあなた!

実はこれ本当なんです!!

学校で先生がよく

「受験は団体戦だ」

なんておっしゃられますが、

あながち間違ってはいません。

例えば仲間がいるとどんなメリットがあるか

というと

モチベーションの向上です!!

あの子には負けたくない

そんな気持ちでバリバリ勉強できます!

具体的に言うと

模試の後に一緒に丸つけをしたり

点数を共有したりすることで

常にライバルの存在を意識できるのです!

また、気持ちの面だけでなく

勉強法の共有

という面でもメリットがあります。

より効率のいい勉強法を教えあうことで

互いの学力の向上に繋がることができます!

ぜひ、学校でも東進でもいいので

切磋琢磨できる「仲間」

を作ってください!!

            共に受験を乗り越えた仲間は

一生の宝物になると思います!!

 

 

 

さて、ここでお知らせがあります!!

6月14日(金)

なんと!!あの大大大有名講師の

安河内哲也先生

北習志野校に授業をしに来てくださいます

僕は高校2年生の時に安河内先生の

公開授業に参加したのですが、

楽しく、確実に英語力が向上する方法を

伝授してもらいました!!

行かない手はありません!!

高1、2生の皆さん

ぜひ学校の友達も連れて参加してください

待ってます!!!

 

明日は僕の最高の仲間である

横山担任助手です!

お楽しみに!!!

 

2019年 5月 30日 不可能を可能に

 

こんにちは!

最近とても暑いですね!

 

今日初めてブログをデビュー

させていただく

森 一晟です!

一年間よろしくお願いします。

前も書きましたが、

一応初めてのブログなので

簡単に自己紹介します。

僕は、慶應義塾大学薬学部薬科学科

というところに通っています。

僕の行っている薬学部には

薬学科薬科学科があり、

簡単に説明すると薬学科

主に薬剤師になるための勉強をします。

一方で薬科学科

創薬研究をするための勉強をします。

ざっとこんな感じです。

 

 

もう5月も明日で終わり、

令和になって早一ヶ月が経とうとします。

受験生のみなさんは、

新しい令和の時代の一ヶ月、

自分の志望校に向かって

突き進むことができたでしょうか。

 

この時期になってくると、

残りが意外と少ない!と感じたり、

自分の今の成績がやばいな〜

と感じてしまい、

自信をなくしてしまう人

とても多いように感じます。

そして、そのような人が

やってしまいがちなのは

志望校を下げてしまおう

と考えてしまうことです。

 

志望校を下げるということはもちろん、

自分が行きたかった大学を受験もせずに

逃げてしまうということです。

逃げてしまうのも自分の戦略

言ってしまえば、通用してしまいますが、

本当に受験を始めようと思って

目指してきた大学を

こんなすぐに

諦めていいのでしょうか?

 

僕はそのような人たちは

気持ちを変えれば本当に

一歩合格に近づくと思います。

考え方をすぐに変えるのは

難しいと思いますが、

まずは気持ちをポジティブ

変えてみましょう

例えば「できなかった」ではなく

「まだ伸びしろがある」

「合格できる学力がない」ではなく

「合格をするための権利をもっている」

など…。

多少胡散臭いように感じる人も

いるかもしれませんが、

それもポジティブにとらえて

やってみてください。

損することは絶対にありませんから。

 

もちろん人生には大きな振れ幅があります。

時にはどん底に

陥ったりするときもあれば、

自分の天井をつっきれるくらい

良い時もあります。

ポジティブに考えることで

「良い時」にするための特効薬になり、

不可能と感じてしまっていた合格を

可能にひっくり返せると思います。      

 

また、そこまで悩んでいない人もいま

この夏に入る直前に一回、

自分がなぜその大学を受けたいのか

考え直してみてください。

そうすることでさらなる高みを目指せます。

そしてその大学を受ける

意義や価値を

自分の意思で

証明してみてください。

 

 

 

長くなってしまいましたが、

ここからは低学年の方に向けて

書きたいと思います。

低学年の人たちが

この時期に大事なことは、

もちろん勉強もそうですが

「夢を見つけよう」ということです。

科学者のアイザック・ニュートンは、

ロバート・フックに

次のような手紙を送ったことで

知られています。

 

If I have seen further it is

by standing on the sholders of Giants.


「私がかなたを見渡せたのだとしたら、

それはひとえに巨人の肩の上

乗っていたからです」

 

この「巨人の肩の上」というメタファーは

昔から西洋で使われているもので、

『今生きている私たちは先人たちよりも

広い視野から物事を見ることができるよ』

という意味です。

 

先人たちが築き上げてきた文明だからこそ

君たちにはたくさんのチャンスがあります。

そのチャンスは無限大ですし、

チャンスを掴むための方法も無限

です。

 

だから受動的ではなく

積極的に様々なこと

トライし興味をたくさん持ちましょう。 

  そしてオープンキャンパスに行ったり

色々な大学に関する雑誌などを読み、

早い段階で自分の将来像を決めましょう。

 

受験はフライングは許されても

ゴールできるかどうかは分かりません。

早い段階で将来像を決めるということは、

その分早い段階で行きたい大学も固まり

勉強に対するモチベーションが

上がることにもつながると思います。

よいスタートダッシュが

きれるようにしましょう。 

 

                         

 

あ、そういえば、

6月9日(日曜日)

全国統一高校生テストがありますね。

受験生の皆さんにとっては

受験夏の陣の初戦とでも

いうところでしょうか。

頑張っている人も

少しやばいなと感じる人も

いい踏み台になってくれることを

願っています。

低学年の人まさに巨人の肩の上に

乗りに行くようなものですね。

新しくなる共通テストや

東進のAIを駆使した帳票などを通して、

全国にいる同級生の中で

今自分はどの辺にいるのか

覗いてみてください。

 

明日は、早稲田のグルメを密かに

日記でまとめている

森下担任助手です。

お楽しみに!!

 

 

 

 

2019年 5月 29日 特別公開授業 安河内先生

 

 


Selamat tengah hari!!!

(スラマットゥンガハリ)

マレーシア語でこんにちはという意味!!

ようやく5月病から解放されてめきめきと

勉強しようかなと思い始めている2年担任助手の本田です。

今回は校舎からのお知らせでも発信した公開授業についてです。

公開授業というのは東進で定期的に行われている

有名講師による自校舎で行われる無料授業のことです。

今回ご来校される先生は

なんと…

なんと…

なんと…

あの有名な安河内先生です。

皆さんご存知ですか??

安河内先生といえば…

音読を機軸とした指導法を行っていて

英語の苦手な生徒、得意な生徒どちらにも評判がいい東進の有名講師です!!

すごいのは授業だけではないんです。

TOEICスコア満点の実力者で

ネプリ-グやスマスマなど有名番組にも出演していて

英語の解説をテレビでご覧になった方も多いのではないでしょうか?

そのほかにも

書店に行ったら安河内先生の著作で

埋め尽くされていますよね!

今回の特別公開授業は

高校1年生・2年生向けとなっていて

4技能型の入試体系にも大変力を入れていて

新テスト対策の先頭に立っている安河内先生の

授業を聞くことができるのは絶好のチャンスですよね!!!

日時は

6/14(金)

19:30~

地下自習室で行います。

料金はなんと無料です。

たくさんの友人を連れてきてくださいね!!

こんな機会めったに無い!!!!

申し込みはもう始まっています!!

気になる方は下のバナーをクリック!

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

2019年 5月 28日 受験天王山の夏は6月にかかってる。


久しぶりに

Magandang hapon po sa inyong lahat  

(タカログ語でこんにちは!)

 

新しい年度になったので軽く自己紹介します。

 

担任助手3年の星田大輝です!

高校は八千代高校

ハンドボール部で

大学ではアメフトをやっていましたが

辞めました!

東京外国語大学で

専攻言語はタガログ語(フィリピン)

専攻コースは現代世界論 

ドイツのナチズム ジェンダー

第二次世界大戦の歴史

 国際協力論 教育社会学などです。

 

メインではフィリピンについてと

ドイツについて学んでいます。

文系の国際系ではかなり

たくさんのことを学んでいるので

何でも聞いてくださいね!

 

はい、自分のことはこれくらいにしておいて。

 

タイトルにも有りましたが、

6月の重要性について

話したいと思います。

 

東進に入っている皆さんのほとんどは

部活生なので

大体の引退時期は6月中ですね。

ということは

全国の受験生のある程度は

6月が終われば勉強に

一直線になるということです。

 

ということは

この部活が忙しい6月に

どれだけ勉強に身を入れられるかも

大事なわけですね。

 

正確には、6月

ではなく

5月です!!!

しかしもう5月も終盤になり

6月が始まってしまいますね。

 

皆さんはこの残り何日かを

どのように過ごしますか?

 

6月9日の模試に

どれだけの思いを持って

勉強に取り組めていますか?

自分は合宿に行くことを決めていたので

6月の模試にすべてをかけました。

部活が終わったあと毎日塾に来て

ひたすら問題をとき続け

本番のときのことを想像し続けて

受験期の中で一番集中していたのではないかと

思うくらい集中していました。

そこには6月模試に必ずこの点数を取る

英語で絶対にこの点数を取ると

目標が有りました。

6月に、8月に

と皆さんせっかく模試があるので

定期的に目標を立てて下さい。

ここからの目標は結果にかなり直結します。

そして、8月に160点とる。

その目標もいいと思います。

しかし

 

8月までに英語が取れる

では遅いんです。

 

 

6月にどれだけの思いを持って

ぶつけられるかが大事です!!

 

特に合宿に行く皆さんは

これを一回目の受験だと思って

望んで下さい。

 

おすすめは56月は

英語を死ぬ気でやるべきです。

特にここで

基礎の徹底、確認の徹底

時間の確認をしっかりやるべきです。

 

わからないことがあったら聞いて下さい。

 

皆さんの部活と勉強の両立を期待しています!

 

明日は東京外国語大学の

後輩の本田担任助手です!

マレーシア語でブログを書くらしいです!

楽しみにして下さい!

 

 

 

 

 

 


 

 


 

2019年 5月 27日 オープンキャンパス

 

皆さんこんにちは!!

 

担任助手三年目になりました白田です!

 

令和になってから初めてのブログということで簡単な自己紹介からさせてもらいます!!

 

 

高校は東邦大学付属東邦高校に通っていました

 

現在は東京理科大学経営学部経営学部に通っています

 

理科大なのに経営学部!?って思った人はぜひ自分のところまで聞きに来てください(笑)

 

 

さて今日は、

 

 

オープンキャンパス

 

 

 

についてお話させていただこうかなと思います

 

 

オープンキャンパスというと高校1、2年生向けのイメージもあるかと思いますが

 

 

 

受験生も自分に必要だなと感じるのであれば、夏休み必ず参加するようにしましょう!!

 

 

でも、夏休みの高校生は部活だったり、文化祭の準備だったり、友達と遊んだりとなかなか忙しくて

 

オープンキャンパスに行きたくても行けない

 

なんてこともあるかもしれません

 

 

そんな皆さんにオススメできるのが

 

東進が毎年夏休みに開催する

 

 

大学学部研究会

 

 

です!!

 

 

このイベントは実際の大学の先生が大学で学べることを高校生向けにわかりやすく授業形式で教えてくれるイベントになっています!!

 

オープンキャンパスの日はどうしても予定が合わず行けないという人はぜひ東進の大学学部研究会に参加してみてはいかがでしょうか?

 

そのほかにも実際にその大学に通っている担任助手の人がいればその人に聞いてみたりすると、より大学の雰囲気もイメージしやすくなると思いますので、積極的に話しかけてみましょう!!

 

明日は星田担任助手です!

 

お楽しみに~~

 

 

 

 


 

過去の記事