最後。 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2021年 3月 21日 最後。

こんにちは!

今回がラストブログとなる

担任助手の小澤です

 

前回の大島担任助手から

「今まで東進で働いてきて

一番うれしかったこと」を

聞かれましたが

なんといっても一番は

自分の生徒が頑張った結果

第一志望校に合格できたこと

その生徒がお礼を言ってくれたこと

ですね

 

自分が受験に関わったことで

その子の人生に少しでも

力になることができたと思うので

本当に嬉しかったです!

 

ですが僕が去年経験したように

担任助手と比べ物にならないくらい

受かった本人は幸せです

自分の努力が報われたんだ

春からあの大学に通えるんだ

そんな嬉しい気持ちでいっぱいです!

 

 

僕も同じように合格発表の瞬間は

今までの人生で一番

幸せな瞬間でした!

 

第一志望校に合格すると

言葉で表現できないほど嬉しいので

みなさんも味わえるように

全力で勉強頑張ってください!

 

「1年間を振り返って」

が今回のテーマということで

僕がこの1年間を通して

一番痛感した点をお伝えします

 

それは

「一番最後の結果にこだわる」

ということです

 

特に新高3生はこれから

本格的に受験生活が始まります

もうすでに始めていると思いますが

ここからはもっと厳しい戦いです

 

もちろん遊びにも行けないし

友達と会う機会も減るし

自分の好きな事もできないし

朝から晩まで勉強ずくし

そんな我慢が一年間続きます

 

ですがこれはあくまで

自分の選択によります

 

というのも

受験生になったからといって

自動で我慢ができるように

自動で勉強ができるように

なるわけではありません

 

実際毎年受験生でも

誘惑に負けて遊んでしまう

やる気が出ず勉強ができない

そんな人は溢れるほどいます

 

なので

「今はまだあんまり勉強してないけど

さすがにできるようになるだろう」

受験生になれば自分も

本気を出せるだろうと思っている人

 

本当にピンチです!

 

我慢するも自分

誘惑に負けるも自分

周りが勉強を始めても

誰かに勉強しろと言われても

結局受験の舵を握るのは

自分なのです

自分が動かない限りは

何も動きはしないということです

 

そんな人に伝えたいのがさっきの

「一番最後の結果にこだわる」

ということです

 

考えてみて下さい

誘惑に負ければもちろんその時間は

自分の好きな事ができると思います

その時の幸福度をとしましょう

 

ですがそこで誘惑に負けず

本気で受験に取り組めれば

第一志望校に合格することができます

 

その幸福度は果たしていくつでしょうか?

もちろん人にもよりますが僕の場合

100万は超えたと思います(笑)

 

志望校に受かったからこそ

言えることかもしれませんが

受験期に行く後ろめたい遊びよりも

合格した後の自由な遊びの方が

受験期に迷いながら見るYoutubeよりも

合格した後好きなだけ見る映画の方が

ずっと楽しいと思います!

 

結局何が言いたいかというと

目先の幸せを追うのではなく

1年後の幸せ100万を得るために

この瞬間の欲望よりも

将来なりたい自分のために

頑張って我慢して全力で

一番最後の結果にこだわって

受験に取り組んでください!

 

そして受験が終わった後は

最高の結果と共に

いっぱい幸せ感じてください!

 

以上小澤のラストブログでした!

 

ご報告になりますが、

大学で新たなステージに進むため

私、小澤海斗は今年で

担任助手を卒業することになりました。

皆さんの受験を最後まで

見届けられないのは悲しいですが

1年後に良い報告が聞けるのを

心待ちにしています!

 

それではみなさん

頑張ってください!

 

明日は海東担任助手です!

 

 

過去の記事