模試の分析 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2018年 6月 19日 模試の分析

 

 

 

こんにちは!

担任助手の吉田です!

 

一昨日は全国統一高校生テストが

ありましたね!

 

受験したみなさんお疲れ様でした!!

 

さぁ、結果はどうだったでしょうか。

 

自己採点はもう済ませましたか?

まだしてないという生徒は今すぐ!

自己採点しましょうね!! 

 

結果、良かった人もいれば

悪かった人もいると思いますが

 

模試の点数で一喜一憂していませんか?

 

今回お話したいことは

模試の結果の分析についてです。

 

今回は少しいつもより良い点数がとれて

喜んでいるあなたに向けて。

 

良い点数がでて特に分析もせずに

放置して、これまで通りやろうだなんて

思ってませんか??

 

その安易な考え、

 

後々に大きな差を

生むことになりますよ!!

 

なぜ今回良い結果がでたのか

しっかり今までの学習と照らし合わせて

どの学習がその結果につながったのか

考えてみてください!

 

センター試験のような

マーク式である試験では

幸か不幸か、偶然良い点数がとれた

なんてことがあります。

 

わかってはいると思いますが、残念ながら

根拠のない点数のとりかたには

ほとんど意味がありません。

 

喜んだその点数の出どころは

どこにあるのか。

 

それに明確に答えられなければ、

次回の模試、または本番で

同じように点数がとれるとは限りません。

 

ぜひ今一度、

自分の学習と模試の成績が

明確に結び付けられるかどうか

考えてみてください。

 

そして、点数にとらわれずに分析し、

これからの学習に役立ててください!

 

明日のブログは柴田担任助手です

お楽しみに!!

 

 

↓↓↓ 無料の招待講習やってます! ↓↓↓