身近な世界史 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2015年 12月 26日 身近な世界史

どうも皆さんMerry Christmas!

街はイルミネーションで彩られ、素敵な1日ですよね!
ところで、クリスマスはなぜ12/25なのでしょうか?
イエス=キリストの産まれた日だから?
…新約聖書にはイエス=キリストの誕生日はあいまいにしか書かれていません。
つまり、12月25日とは限らないのです。
実は古代ローマ時代ではクリスマス(イエス=キリストが産まれたとされる日)は1月6日でした。
ではなぜ12月25日になったのでしょうか。
皆さん、世界史で今のイランの辺りで信仰されていたミトラ教というのを覚えましたよね?
12月25日はもとはそのミトラ教の祝日でした。
この日は冬至にあたり太陽が成長を始める日として太陽神ミトラの誕生の日とされていました。
この太陽神ミトラ信仰がローマに入り、帝国の守護神とされ、ローマで盛んに祝われるようになりました。
やがてローマ帝国の信仰がミトラ教に代わり、キリスト教が公認されると、教会は以前までの祝日である12月25日をイエスの誕生日として祝うことにしました。
 
こんな感じで身近なちょっとしたところに勉強したことが関わってくると楽しいですよね!
以上増田でした