素敵な自分になれる魔法 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2015年 12月 2日 素敵な自分になれる魔法

12月になりました。

受験生のみなさん、勉強の調子はいかがでしょうか?

 

 

「バッチリです!」

という人はなかなかいないかもしれません。

 

 

「思うように勉強が進んでいない」

「今のままで大丈夫かな…」

「もう受験したくない!」などなど、

緊張、不安、恐怖、そして逃避…

 

大学生活が楽しみな一方で、そういった感情の方が大きくなってくる時期かもしれません。

 

 

でも大丈夫です。

今の大学生はみんなそこを乗り越えてきているんです。

辛くても、苦しくても、

耐えて、耐えて、また耐えて、

最後まで諦めずに戦い抜いた人たちです。

 

 

さて、彼らには何か特別な才能があったのでしょうか?

メンタルが特別強かったのでしょうか?

 

 

 

いいえ違います。全員がそうではありません。

 

 

彼らには、

自分に力を与えてくれる魔法のようなものがあったのです。

これが題名にもした「素敵な自分になれる魔法」です。

そしてその魔法を活かし、焦らず、地に足の着いた学習を続けていたのです。

 

 

その魔法とはなんだと思いますか?

答えは1つではありません。

 

 

 

人によってその答えは異なる可能性もあるので、

自分が受験生の時に心の支えとなったもの(=魔法)を紹介しますね!

 

①第一志望へのこだわり

早稲田大学社会科学部でやりたいことが明確にあったこと、しかもそれはそこでしかできないことだったのです。「絶対ここ!」というこだわりがありました。

 

②将来の夢

紹介すると長くなるので省略しますが、夢を叶えるための通過点として受験、大学生活があると考えていました。だから、受験勉強は自分にとって大学に入るためのものではなく、夢を叶えるための道具になっていたのです。

 

③音楽

この時期から受験が終わるまで毎日のように聴いていたのが、絢香の「夢を味方に」という曲です。歌詞の全てから元気をもらえます。「素敵な自分になれる魔法」はこの曲の歌詞から引用しています。この曲を聴くと応援されている気分になります。これは受験生に絶対おすすめです!

 

④やっぱり仲間!ライバル!

最後はやっぱり、同じ苦しみを分かち合う仲間です。周りの受験生が頑張っていると自分にとっても励みになります。冬休み以降は毎日開館から閉館まで地下自習室で勉強していましたが、だいたいそこにいるメンバーが固定化されているので、仲間のような気がしてきます。みんなの頑張りに毎日刺激を受けていました。刺激を与えてくれていた人の1人が当時受験生の辻田担任助手です。当時は顔だけで名前は知りませんでしたが(笑)

それから「あいつには負けたくない!」というライバルです。みなさんにはいますか?

 

こんな風に他の受験生から刺激を受けて(もしくは与えて)勉強できるのは校舎や学校にきちんと行っている人だけだと思うんです。

焦っているのか、心が折れてしまっているのか、学校を休んで家で受験勉強をする人がいます。

絶対やめてください。

そして、学校が休みの日には開館から校舎に来てください。

みんなで一緒に頑張れば、少しは苦しくなくなるはずです!

 

 

 

それから最後に、

直前期こそ、基礎が大事。

「最後はメンタル!」じゃない

んだと言っておきます。

 

・毎日同じ時間に寝て、起きる。

・過去問をやって、そこから必要な勉強法を学び、実践していく。

・過去問は年内に第一志望を10年分解く。

・受講は年内に終わらせる。

・高速マスターは毎日復習する。

・インプットとアウトプットを並行させる。

・これまでのルーティンを崩さない。

といった基本的なことを当たり前にこなしていきましょう。

 

 

反対に

・登校する日としない日がある。

・受講が残っているのに過去問ばかりやっている。

・「過去問をやらないと追いつかない」と基礎をやらずに過去問ばかりやる。

・「今はまだ自分の学力がその大学のレベルになっていない」と過去問を避ける。

 

過去問で敵を知らずに必要な勉強はわかりません!

その問題が解けるようになるための勉強は何か知るために過去問があるんです!

ある程度過去問に慣れてきたら、時間配分にも気をつけて、解く「型」を作っていきましょう。

 

 

 

自分は12月の模試の英語で122点を取りました。

こんな点数は4月以来でした。

 

でも全く落ち込みませんでした。

 

「やってはいけないこと」が本番前にわかったからです。

その当時の自分の勉強は明らかにアウトプットに偏っていました。

高速マスターの復習、音読をやっていませんでした。

 

冬休み、

単語1800と熟語750を全問やり直しました。

その後も毎日復習を欠かしませんでした。

もちろん、音読も毎日やりました。

 

 

そして、センター試験本番、

174点でした。過去問でも取ったことのない自己最高点です。

 

 

今の時期は過去問をやっていても点数があまり伸びないかもしれません。

でも、落ち込まずにすぐに切り替え、

必要な勉強を考えて粘り強くやっていけば、突然本番で最高点を出せるかもしれません。

 

そして、やはり基礎が大事です。

身を持って実感した受験生生活になりました。

 

 

 

今回はたくさんのことを書きました。大きく分けると以下の2点ですね。

①「素敵な自分になれる魔法」(メンタルケアの方法)を4つ。

②最後こそ基礎

 

 

メンタルケアや体調管理も受験科目の1つと捉え、

そこも自分で気をつけて気を配っていきましょう。

 

 

 

 

大学生になれば世界が一気に広がって、

今までできなかったようなことも自由にできるようになります。

あともう少し!頑張っていきましょう!

 

 

元気なみんなに毎日会えることを楽しみにしています!

 

以上

北習志野校で一番熱い男(?)菱木でした!

 

 

多くの仲間、熱いスタッフと共に受験を戦っていきたいみなさんはぜひ↓

 

最新記事一覧

過去の記事