勉強と食事の大切さ | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2016年 4月 17日 勉強と食事の大切さ

こんにちは!植村です!!

 

みなさんは大学受験合格に向けて日々、勉強に励んでいますよね。

 

勉強するには、学習量も大切ですが、体の調子を整えることも大切です。

 

特に食事には細心の注意を払わなければいけません!

 

そんなわけで今日は栄養管理について少しお話します。

 

みなさんは朝ごはんをしっかり摂っていますか?

 

食事量が減ってしまったり、ダイエットで食事制限をしたりすると太りやすい体質になってしまいますよ?

 

食事量が普段よりも減ってしまうと、十分なエネルギーを摂取できないため筋肉量がおちます

 

筋肉量が減るとエネルギー代謝、つまり余分なエネルギーを分解する体の能力が低下します

 

すると、今までと同じ食事量であったとしてもエネルギー代謝が低下しているので同じ効率で分解が間に合わず結果として太りやすい体へと変化していくのです。

 

そのため朝食を抜くことや、食事制限をすることは当然ながら体によくありません!!

 

 

さらに、勉強を頑張ると脳は疲れていきます。

 

勉強に疲れた脳に良いとされる栄養素は「ブドウ糖」とされ、脳の疲労回復に効果的です。

 

しかし、一度に多くのブドウ糖を摂取してしまうと血糖値が急に上昇し、その後すぐに下がってしまうので集中力が急激に落ちていきます

 

つまり、栄養を考えた食事というのは生活を豊かにするだけでなく、勉強の調子にも繋がってくるものなのです。

 

受験勉強に向かうには健康な体が基本です!

 

普段の食事から栄養管理を意識してみましょう!!

 

 

最新記事一覧

過去の記事