今が大事。 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2016年 2月 16日 今が大事。

 

 2月も半ば、受験が終わり始めた生徒が出てきています。

新2,3年生にとっては、冬の成果が試される模試が今週末に迫りました。

今回はみなさんにメッセージを送ろうと思います。

 

 まずは、試験がまだまだ残っている高3生へ。

これまでの生活習慣を絶対に変えないこと。

これまで校舎で勉強していたのに家で勉強する、

毎日開館から閉館まで勉強していたのに、昼ごろ登校して夕方に帰るといったような

行動の変化はおそらく、焦りや不安といった気持ちの変化からくるものなのだと思います。

このようにこの時期に突然習慣が変わる人は毎年いますが、

彼らのほとんどは、その後受験で失敗しています

 

なぜか?

気持ちの変化から行動を変えたところで、

焦りや不安は消えず、それどころか強くなるのではないでしょうか?

 

だから、

結局力を発揮できずに受験を終えてしまうのだと思います。

 

 

 

先に受験を終えた友達が出てきて、

気持ちに焦りが出てくると思います。

自分も2/22まで試験で、私立組の中では遅い方だったので

早く終わっている人がうらやましく思えたこともありました。

 

それでも、最後まで努力を続けてください。

最後まで粘り続ければ、どんなに苦しくても必ず学力は伸び続けます。

 

今はまだ我慢。

我慢した分だけ、成長できる。

合格の喜びも大きくなる。

負けるな!!

 

 

次に、試験が全て終わり、発表もある程度出て、進学が確実な高3生へ。

今、何してますか?

試験が終わっても校舎に来てコツコツ勉強を続けている人が少なくなく、

素晴らしいと思っています。

 

少しゆっくりしたい気持ちもわかります。

重圧から開放されて、のんびりしたいかもしれません。

 

ですが、少し息抜きをしたら、

もう一度、なぜ大学に行くのか考えてみてください。

「叶えたい夢があり、その通過点」

もしくは

「夢を見つけたい」

そう思って大学に行くのだと思います。

 

だとしたら、

立ち止まっている暇なんてないですよ!

 

立ち止まっていても何も成長しません!

何の発見もありません!

 

 

とにかく、行動してみましょう!

それが勉強である必要はないです。

何でもいいですが、

受験の時に我慢していたことをとことんやりましょう!

 

 

さらに、試験が全て終わり、発表次第で進学が決まる高3生へ。

きっと今が一番つらいかもしれません。

試験が控えているのであれば、

努力次第でどうにかなるものの、

何もできず、発表を待つだけですから、つらいと思います。

 

 

そんな時は、

ちょっと外に出てみましょう。

元運動部であれば、部活に行く、ランニングするなどなど、

もしくは、

少し遠くに出かけてみるなどして

なるべく受験のことを考えなくて済むようにできたら気楽に過ごせると思います。

 

 

 そして、受験を1年後に控える新3年生へ。

未だに週5日以上登校、週5コマ以上受講の習慣がついていないあなた。

落ちます。

 

夏前までの勉強習慣でなんとなく合否が見えてくるんです。

文法を完全修得していない人、通期講座が5月末で終わらない人、夏期講座や選択科目の2週目の受講が7月末までに終わらない人、

その後の全ての勉強が後手に回ります。

そうなるとどうなるか、

焦ってどのような勉強をしたらよいかわからず、

いろんなことをやってみて、結局伸びずに受験が終わります。

 

大事なのは、

「やるべきとわかっていることを当たり前にやる」

そんな簡単なことです。

文法は3/31までに完全修得させる。

(菱木グループではもう1つ先の基本例文まで3/31までにやるよう話していますが)

毎日登校毎日受講、毎日マスター。

確認テストはその日のうちにSS。

修判は1週間以内にSS。

といったことが当たり前にやるべきことです。

 

 

 

 

最後に、

菱木は2/21から3/3までシンガポールに留学に行ってきます。

誰にとっても大事な時期に校舎を離れるのは申し訳ないですが、

多くのことを学び、みんなに伝えていけたらと思っています。

海外に興味がある人、TOEICやTOEFLといった試験について知りたい人、

英語が話せるようになりたい人、ぜひ話しかけてください!

 

 

受験に乗り遅れないよう、今からスタートを切りたい方はコチラをクリック! 

過去の記事