センター模試お疲れ様でした! | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2016年 6月 27日 センター模試お疲れ様でした!

 

みなさん、こんにちは☆ 千葉大学1年の阿部です!

昨日は6月センター本番レベル模試でしたね。お疲れ様でした!

国立志望の人は今回初めて、副科目を含め全科目を受験したという人が多いのではないでしょうか?

まぁーとにかく長い!模試だけで1日が終わってしまいますよね…。

でもこれからたくさんこういった形式の模試を受けていくと、1日耐えられるだけの体力や集中力がちゃんとついてきます

だから今は辛いと思いますが全力で頑張りましょう!

 

みなさんも頭では分かっていると思うのですが模試は復習しないと意味がありません

でも実際にきちんと復習できている人は少ないのでは…?

「やらなきゃとは思うけど受講もしないといけないし…」と受験生の頃の私は思っていました。

でも今はあの時ちゃんとやっていれば10月模試ぐらいにしっかり成果が出ていたのだろうなと思います。

まぁだまされたとでも思ってやってみてください(笑)

以下私の模試の復習方法です。参考程度に読んでみてください。

英語…第1問は必ず暗記。他の模試を受けたときに選択肢に同じものが入っていることが多々あります。

    第2問は文法で間違えたのか熟語を知らなくて間違えたのか確認し、文法問題は参考書等を使って理解する。熟語に関しては必ず暗記。

    第3問目以降の長文に関しては、単語の意味を勘違い、もしくは知らなかったために間違えたのか、時間が足りなかったのか、長文の中から設問に関する一文を探し出せなかったのかなどしっかり分析する必要があります。とにかく時間があったら解けたのか確認するために解説を読む前にもう一度解いてみることをオススメします。

数学…時間が足りなくて解けていない問題は解説を読む前に解いてみましょう。そこを面倒臭がらずにやれるかで成績の伸びが変わりますよ!

    次にまずは解説を読んでしっかり理解すること。絶対に分かる人に聞いてあやふやにしないようにしましょう。

    最後に解説を見ないで解けるかが大事です。ここで解けないのなら他の模試で似た解き方の問題に出会ったときにも解けません。つまりここでやれるようにしておけば次の模試で成績が上がるチャンスが大きくなるわけです!

    国立文系の人は特に数学がネックとなりやすいです。しっかり復習をして周りの子と差をつけちゃいましょう!!

地歴公民…基本的に自分の参考書(金谷先生の日本史を受講している人は金谷ノートがオススメ)に新しい情報を書き入れていきましょう。読んで納得してもすぐに忘れます。

理科基礎…今はまだ勉強を始められていない子が大半だと思います。解説を読んで理解はして欲しいですが、インプットが終わる10月頃にもう一度解けるように問題と解答はとっておきましょう。

 

長くなりましたが楽して受かれるほど大学受験は甘くないです。全国の人を相手に戦うのだということを忘れないで頑張っていきましょう!