きたならのトップリーダー | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2016年 2月 29日 きたならのトップリーダー

こんにちは!

風戸です。

 

先日、北習志野校で行われた

きたなら Top Leader Workshop」について書きたいと思います!

 

今回のリーダーは

 葛西敬之先生

ディスカッションのテーマは

21世紀に求められるリーダーとは?

 

今、日本はさまざまな問題に対面しています。こんな時こそ、強いリーダーが必要です。

 

リーダーシップは特に非常時に求められる力です。

 

歴史を振り返った時、

 リーダーシップが 成功したのが明治維新です。

結果として、近代国家が樹立しました。

一方で、失敗したのが近衡内閣です。

世界観が欠如し、内向き化した結果が日米開戦へと繋がりました。

 

当時のリーダーには、それぞれどんな違いがあったのでしょうか? 

 

葛西先生の言う、組織におけるリーダーシップとは

瞬発力・直感力・決断力・不動心・想像力など様々です。

この他にも多くの力が必要です。

 

葛西先生の映像を見た後、生徒達はテーマに沿って熱い議論を繰り広げてくれました。

 

生徒達の話し合いでも様々な意見がでていました!

 

一つのチーム

リーダーとは

社会を変えるために戦う人達のことと定義し

そのためには、

無私の志を持ち、社会の為に主体的に行動をする。

という風にまとめてくれました!

 

もう一つのチーム

リーダーとはどういうものか、身近にいるリーダーから考えていきました。

身近にいるリーダーとして

部活の部長・ファッションリーダーを例に話し合いを進めました。

自分の意思を貫くこと、目標に向けて計画をたて挑戦し続けることが大事だと結論づけてくれました!

 

 

今回のHRは突然ながら多くの生徒が参加してくれました!

今までのHRとは違って話し合いの時間が多く、生徒主体となって活気のあるものとなりました!

 

今回参加してくれた生徒が、これを機にさらに将来について深く考えてくれるといいです。

今後も Top Leader Workshop は開催されますので、その際はさらに多くの生徒が参加してくれることを楽しみにしています!!!!

 

 

 

 

過去の記事