私大・国立入試に向けて。。。 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2018年 1月 20日 私大・国立入試に向けて。。。

みなさんこんにちは!

 

早稲田大学社会科学部3年の井川です!

今日でセンター試験から1週間経ちました!

私大・国立入試に向けて勉強できているでしょうか?

気持ちの切り替えができない人、

センターの結果を未だに引きずってしまっている人、

自分で解決できないようならスタッフと話してみて下さい!

必ず良い助言がもらえます!

井川にもいつでも話しかけてくださいね~

 

さて、

私大・国立入試についてですが、

早いところでは今月中にもう始まりますね。

センター試験との違いをざっとおさらいしますと、

 

・大学ごと、学部ごとに問題形式が違う

・連日試験の場合もある

・受験会場がそれぞれ違う

 

といったところでしょうか。

 

まず、問題形式についてですが、

大学や学部ごとに問題の形式が違うことはもちろん、

各科目の出題範囲や配点、点数の計算方法など

それぞれ独自のものになっています。

特に重要なのは試験時間です!

センターより長かったり短かったり、

過去問を解く時に確認しているとは思いますが、

今一度自分がどのような時間配分で解くのか確認しましょう!

 

次に、連日受験の場合ですが、

センターでも国立・理系の人は経験済みだとは思いますが、

私立文系の人は初めての経験だと思います。

私立の連日受験は予想以上に疲れるので

一度校舎で同じような日程で過去問を解いて

経験しておくのががオススメです!

 

最後に、受験会場についてですが、

センター試験は家や学校から近い会場の人が多かったと思いますが、

私大入試はそれぞれのキャンパスで受けることが多いです。

普段都内にほとんど行かない人は、

朝の満員電車や駅からの道のりなど、

色々と不慣れなことが多く、

予期せぬトラブルにあってしまうこともあります。

当日の自分の行動をシュミレーションして、

わからないことなどはスタッフに質問して下さい!

都内だけでなく千葉県内の大学に通うスタッフも多いので、

大抵の質問には答えられます!

 

 

以上、

センターとは違う点を大まかに書かせて頂きましたが、

結局当日の試験で合格点を出すことが一番大切です。

そのために今まで頑張ってきたと思いますが、

今一度気を引き締めて、

本番で合格点を取るために何をするべきなのかを考えて

残り少ないですが毎日全力を出し切りましょう!

 

明日は町田さんです!

相変わらず背が高いですよ!お楽しみに!

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事