決起会できっと伝えきれなかったこと | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2018年 1月 9日 決起会できっと伝えきれなかったこと

西原です

 

タイトル通りなんですけど、

先日の決起会で

私の日本語の拙さによって

伝えきれなかったであろうことを

改めてお話しします!

 

皆さんに伝えたかったのは、

 

入試当日の朝家を出発する時、

あ、私たぶん受かる!って

気持ちで行ってほしいってことです。

 

つまり

自信を持って出陣してほしいってことです!

 

家を出発するときに不安になってるような人は

試験直前の緊張や不安も無駄に大きいです。

そんな人が本番で実力を出し尽くせるとは思えまへん。

 

緊張や不安な気持ちは

本番どう考えても邪魔です。

 

わからない問題が出てきて戸惑って

頭真っ白状態とか最悪です。

 

脳をベストコンディションにして

入試本番に臨むことは、

200~300時間の勉強に相当する

とも言われています。

 

つまり、

緊張や不安をコントロールできるか否かで

勉強200〜300時間分の差なら

本番で逆転できるし

逆転されてしまうということです。

 

みんな何時間勉強してきましたか?

なんのためにそんなに時間割いてきたんですか?

受かるため

=試験当日力を出し切るのためですよね!

 

だからこそ試験本番は、

今まで勉強してきて鍛えられた

私の頭の良さを見てくれ大学の先生さんよ

って

それくらいの気持ちで行ってほしいんです

 

頭真っ白になって

手足が震えてタイムロス(西原)

とかはしてほしくないです笑

 

強気で!

 

朝家を出るときに弱気な人が

本番になって急に強気になれないですよ!

 

だからこそ、

朝自信を持って家を出て行ってほしいんです

 

どうでした?

今度こそ伝わりましたか?笑

 

自信を持って家を出て

脳を最高のコンディションにして

本番を迎えましょう!

 

 

 

過去の記事