模試の復習の仕方 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2018年 2月 20日 模試の復習の仕方

 

皆さんこんにちは!!

 

1年担任助手の白田です!!

 

 

受験生はそろそろ受験から解放された人も出てくる時期になりましたね

 

まだ解放されていない受験生も残り数日間で長かった受験生活ともおさらばです!

 

 

最後まで気を抜かずに、人生でこれ以上勉強することはないだろうと思えるくらいまで頑張ってください!!

 

 

それでは本題に、、、

 

 

新高3、新高2生の皆さんは18日に今年1回目の「センター試験本番レベル模試」を受けたと思います。

 

 

皆さん

 

 

 

自分が取れるだろうと思っていた点数とれましたか??

 

 

この聞かれ方あんまりされたことないかなと個人的には思うのですが、

 

おそらく普通の人は模試を受ける前に

 

「今回の模試では○○点を目指して頑張ろう」

 

 

とか

 

 

「最近力を入れて勉強した教科でいい点取るぞ」

 

 

 

みたいなことを考えると思います

 

 

もちろん大事です!!

 

 

ここで今回皆さんに考えてほしいのは

 

 

 

自分の実力的に今回の模試では○○点くらいは取れる

 

 

ということです

 

 

そして

 

 

模試の帳票が返ってきたときに本当にその点数が取れているかどうか確認してください。

 

 

取れていればもちろん何の問題もないですが、

 

 

 

取れていなかった場合

 

 

 

猛烈に分析してください!!!

 

 

何でこんなことをしてほしいかというと

 

 

自分が出来た気になっている部分がはっきりするからです!!

 

 

おそらく

 

自分の実力的に今回の模試では○○点くらいは取れる

 

と考えるとすると

 

例えば数学だったら

 

大門1で△点

大門2で□点

大門3で☆点

大門4で〇点

 

 

みたいな感じで細かい範囲に区切って自分の得意不得意などを考えながら予想を立てると思います。

 

 

そして模試を受けてその予想より低かった場合

 

自分はその範囲に対して自分の実力を過大評価していたわけです。

 

 

これは受験勉強をしていくにあたって大変危険なことです

 

 

受験勉強において効率良く勉強するには自分の実力を正確に判断し、自分に必要な勉強を取捨選択する必要があります。

 

ただ漠然と勉強するだけでなく、上に書いたようなことを考えながら勉強すると、成績も出やすくなると私は思います。

 

ということで

 

 

模試の復習大事にしてくださいね

 

 

明日は星田担任助手がブログを更新しま~す