伸びる人、伸びない人 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2018年 1月 27日 伸びる人、伸びない人

こんにちは!

 

担任助手1年の吉田です!

 

最近はずっと寒い日が続いてますね

 

5日前にはこの辺りの地域では珍しい

大雪も降りました

 

実はその次の日から大学の期末試験で

交通が麻痺して延期になってくれないかな

なんて思ってましたが

 

意外に電車は雪に強いのか、、

特に電車が完全に止まってしまう

ということはなく

通常通りの日程で朝から

試験頑張りましたね

 

みなさんも今日は雨だから…などとは言わず

天候に関係なく東進に登校して頑張れると

いいですね!

(身の危険がある場合は別ですが)

 

 

そんなことは置いておいて話が変わって突然ですが

 

みなさんは成績が伸びる人と伸びない人の差ってなんだと思いますか?

 

勉強しているのになかなか成績が伸びてくれない。そんな風に思っている人もいると思います。

 

今回はそういった人に焦点を

当てていこうと思います。

 

僕は復習にあてる時間の差

だと考えています。

 

勉強しているのに成績が伸びない人は

復習の時間が足りてないんです!

 

一度講座を受講して確認テストを受けてから

その後は一切触れずに放置するなんて人を

よく見かけます。

 

高速基礎マスターも一度完全修得したのに

放置してしまい、もう忘れてしまった

なんて人いますよね。

 

これ、本当にもったいないです。

 

残念ながら人間の脳みそには一度学んだことをずっと覚えておけるなんて機能はありません。これは誰だって同じです。

 

一度目の学習だけでは成績は伸びません。

 

まだこの段階では成績が伸びるタネを蒔いた状態にすぎないんです

 

そのタネを生かすか殺すか。

 

「復習」という水で育ててあげると、知識として確立して忘れにくくなり、やっとそこで本当の成績アップに繋がるんです。

 

かといって水をあげてばかりではダメで、もちろんタネも引き続きまいていかなければいけないです。

 

そこの割合の部分は担当の担任助手と話し合いながら、自分にあった割合を考えてやっていくことがベストだと思います。

 

とにかく、復習をやらないなんてタネを腐らせ続けているだけで、ただの無駄な時間を作ってしまうことになってしまうんです!

 

だから、復習は必ず忘れずに!

 

間違えた問題なんかをノートなどにまとめていつでも復習できるようにしてあるなんてものがあれば最高ですね!

 

それでは、第一志望合格に向けて引き続き

頑張ってください!

 

明日のブログは中島担任助手です!

 

お楽しみに!


 

 

最新記事一覧

過去の記事