【大学とは】 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2017年 12月 14日 【大学とは】

 

 

こんにちは!

 

一年担任助手の伊藤です。

 

 

昨日から始まりました、[大学とは]

 

トップバッターは…鈴木さん!

 

まだ読んでない人は昨日のブログをぜひ見てくださいね。

 

私は、東京理科大学理工学部情報科学科に通っています。

 

 

理科大といえば…


男子が多い!

 

私は男子が多い、つまり女子が少ないところも理科大のいいところだと思います!


…何言ってるの?って感じですよね笑

 

まず、男子の割合について話します。

 

私が高校生の時の理系クラスは

女子:男子=1:4


大学の学科は

女子:男子=1:5


なんかこう聞くとあんまり差がないように思えます。

 


しかし、


高校の同じクラスの男子は30人ぐらい


大学の同じ学科の男子は100人ぐらい

 

割合が増えたというより、

男子の合計人数がかなり多くなったように感じます。

 

こんなに男子が多いと、関わらない人が多く名前を知らない人もまあまあいます。

 

人数が多いと関わりが減るということは、

女子の人数が多いと関わりが減ってしまいます…

 

しかし!

私の学科に女子は18人しかいないので、派閥とかがなくとにかくみんな仲が良いです!

 

この前も、学科の女子みんなでご飯を食べに行きました。

 

しかも普段は女子が少ないと感じることがありません。


授業受ける時は女子で固まって座っているので、少ないねって言われたりしない限り、少ないことを忘れています笑

 

派閥がなくみんなで楽しくわいわいできるから、私は女子の人数が少ないところも理科大のいいところの1つだと思います!

 

これは理科大だけではなく他の大学の理工系の学部も同じです。

 

理工系の学部だと女子が少ない、と心配してる人もいると思いますが、全く心配いりません!


むしろ少なくてよかったと思ってます!

 

 

もし、理工系の学部に行くか迷ってる人がいたら、

女子が少ないという理由だけで理工系の学部を選択肢からはずさないでくださいね。

 

自分の行きたいと思う学部にぜひ行ってほしいです!

 

明日のブログは大塚担任助手です!

 

 

お楽しみに〜♪