【大学とは】 | 東進ハイスクール北習志野校|千葉県

ブログ

2017年 12月 13日 【大学とは】

こんにちはー

インフルエンザ流行りだしてます!!

受験生にいちばん大事なものは単語帳でも過去問でもなく

手洗いうがいですよ!

風邪で寝込んでは元も子も無いですからね

気をつけましょう!

 

今日でテーマ【私のオススメ】はおしまいとなります

明日から使える有益なものはみつけられたでしょうか、?

 

ということで今日からは新しいテーマ【大学とは】がはじまります!

皆さんも三年生はあと120日も経てば大学生になっているわけですが

そんな皆さんに

現役大学生である担任助手だからこそ伝えられるようなブログを書いていきたいと思います

 

ということでトップバッターは鈴木です頑張ります

ぼくは今年の四月に第一志望の早稲田大学社会科学部に入学しました

なんやかんやでもう12月、そろそろ8ヶ月が経とうとしているわけですが

なんとなーく気づいた事があります

ぼくが思うに

【大学とは】

コミットの場である

と思っています

横文字でそれっぽく言ってみた感が否めないのですが

 

 

生徒は基本的に大学側から「放置」されます

これはよく言えば「自由」ということですが

その分自分から積極的に行動しなくてはいけないということです

 

中学校のように担任の先生が進路について話してくれるわけでもなく

高校のように学校行事に全員で取り組めるわけでもなく

東進のように授業休んでもわざわざ電話してくれるわけではないということです!笑

自分が学びたいものを自分から学ぶ姿勢

がないとなあなあに毎日を過ごしてしまう事になります。

 

これはサークルや人間関係、趣味にも言えることだと思います!

 

四月になるとものすごい数の初対面の人と話すことになると思います

そこで連絡を取り続けた人が今の友達になってくるし

 

またサークルも一緒で、最初の方に顔を出さなかった人は、

馴染めない、とやめてしまう人が多いと思います

 

 

それから大学生になると、受験期には考えられないぐらい自由な時間が生まれます

その時間で興味の湧いたことに挑戦してみたり、

行きたくなったところに行ってみたり、

将来必要だと思うことに取り組んでみたり、、

かく言う鈴木も趣味が増えたような気がします(中途半端に終わりがちだけれども)

 

勉強も趣味も人間関係も、めんどくさがらずコミットしてみれば

四年間はいいものになっているんじゃないかなあと

一年生なりにぼくは考えています。

 

これから毎日更新される【大学とは】

お楽しみに!

明日は伊藤さんです!

 

 

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事